2008年06月13日

博多ラーメン本舗「博多長浜ラーメン」

IMG_9870.jpg

 今回紹介する家ラーメンは博多ラーメン本舗の「博多長浜ラーメン」です。確か奈良ファミリーの地下で買ったはずなんだけど、レシートがどっかいっちゃって価格は不明。ネットで色々調べたら10食入り2000円ってのがあったので、おそらくこの2食入りは400円〜450円くらいと推測され、1食200円強だと思われます。

 作。麺のゆで時間は90秒程度。僕は堅めが好きだし、撮影時間で伸びる計算を入れて60秒で引き上げた。スープのお湯は250ml〜300ml。わりとアバウトなレシピとなっておる。

IMG_9874.jpg

 具。チャーシューは新規。凧糸で丸くされてるチャーシュー用の肉が、行きつけのベルクに売ってないのでブタのモモブロック肉を買ってきて作った。肉がちょうど入る大きさのミルクパンで全面をこんがり焼いて、ずっと使ってるチャーシューの煮汁(醤油、味醂、蜂蜜、泡盛などが入ってる)と水を足して煮ること1時間。煮汁が半分になったら完成。冷めたら切ってタッパに格納ですよ。

IMG_9876.jpg

 味。スープはミルキーでブタ風味。良い味ですな。とんこつスープって独特の濃さというかコク、胡麻に通じる美味さが好きなんだなー。麺は堅めに茹でたら良い感じ。これまた美味い。やりおる美味さだ。チャーシューは柔らかくて美味かった。これからは普通にモモブロックを買って作ることにしよう。

 評価。☆4。価格的に厳しい評価となるはずなんだけど、美味かったので評価は高め。買ったのが1ヶ月くらい前で、お金を払った意識が消えてしまったのも勝因の一つかも知れない。まぁ、ここの評価なんて僕のさじ加減一つですからねぇ。
posted by マツモトケイジ at 12:20| Comment(0) | 家ラーメン

2008年06月09日

藤原製麺株式会社「らーめんや天金しょうゆ味」

IMG_9846.jpg

 今回の家ラーメンは、藤原製麺の「らーめんや天金しょうゆ味」です。北海道に出張した時に買ってきました。旭川にあるラーメン屋の再現ラーメンみたいです。2食入りで472円。1食236円の計算です。高い。なんだか、札幌はスーパーでもラーメンが高くてまいりました。

 そういえば、前々回の「和歌山出井商店中華そば」も藤原製麺でしたな。奈良で適当に選んだラーメンと、北海道で適当に選んだラーメンが同じメーカーとは!どうも、パッケージに魅力があって、つい選んでしまうみたいです。

IMG_9848.jpg

 作。麺のゆで時間は2分半から3分。縮れた中細麺で、1食120gあります。スープのお湯は270ml。スープ原液をドンブリにあけたら、もの凄い量の油が入っていました。なんだこりゃー!これは油なうま味が予想されます。

 具。具はチャーシュー、メンマ、ネギ。ナルトは切らした。でもパッケージの写真を見るとナルトは乗ってないので、多分ラーメンにナルトって関東だけの風習なんだろうな。チャーシューもこれでおしまいなので、また新しく作らねばなりません。今度はちゃんとチャーシュー用の肉で作りたい所存です。バラだとやっぱり脂が多すぎた。

IMG_9851.jpg

 味。もの凄く熱い。スープの表面に厚い油膜が出来ていて、おかげで湯気が全然でない。ゆえに、冷めずにいつまでも熱い。寒い北海道ならではのラーメンと言える。よく漫画でこういうラーメン出てくるけど、それが現実に出てきたわけだ。

IMG_9853.jpg

 スープを飲むと口の周りが油でヌルヌル。ちょっと不快だけど、美味い。油は旨いなぁ。麺をすするとスープと油が引き上がって来て、これまた油が旨い。要は、このラーメンは油だったって事だ。このスープで油そばを作ったら美味いんじゃないだろうか。

 評価。☆2。まぁ美味い。熱くて美味い。脂が美味い。でも、高い。1食236円ってのは家ラーメンとしてはどうかという値段で、大体店ラーメンの900円くらいに相当するワケ。ですので、この味だとちょっと評価辛めになってしまいました。ファンの人いたら申し訳ない。
posted by マツモトケイジ at 11:28| Comment(2) | 家ラーメン

2008年06月06日

出雲たかはし「飛魚(あご)だしらーめん正油」

IMG_9832.jpg

 今回の家ラーメンは、出雲たかはしの「飛魚(あご)だしらーめん正油」です。一緒に住んでるナオミさんが東京駅で買ってきました。3食入りで600円。だから1食200円の計算になります。ちょっと高い部類かしらね。

 作。麺のゆで時間は2分。スープのお湯は300ml。スープがちょっと多いかもしんない。これは、作ってる人たちの「スープを飲んでくれ!」という気持ちが伝わるお湯の量ですな。スープに自信があるんでしょう。

IMG_9836.jpg

 具。チャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ。ネギは相変わらずベランダのプランターで育ててる物。買ってきたネギは根っこを植えておくと勝手に伸びてくるから便利だよ。

 味。超普通。前回に続いて、普通。スープも麺も普通で、あんまりにも普通で書くことが全然無いくらい普通。ナオミさんに「どう?」と聞かれたので「普通に美味い」って言ったら「もうちょっとなんか言いなさいよ」と言われた。「じゃあ食べて感想言ってみろ」と言ったら「・・・普通だね」と返ってきた。それくらい普通。

IMG_9840.jpg

 評価。☆2。値段は高めだけど味は普通。そういうラーメン屋が嫌い。飛魚ダシも正直よくわからなかった。多分僕のバカ舌が悪いせいだと思うので、A級グルメな人が食べたらきっと「うーまーいーぞー!」と言って☆5をつけるかもしんない。

僕には猫に小判なラーメンでした。
posted by マツモトケイジ at 01:35| Comment(0) | 家ラーメン

2008年06月05日

東洋水産「ラーメン横綱」

IMG_9819.jpg

 今回の家ラーメンは、東洋水産の「ラーメン横綱」です。東洋水産といえばマルちゃんの事なんですが、これはどこにもマルちゃんと書かれていません。なんか意図があるんでしょうかね。滋賀の平和堂で購入。398円でしたから、1食199円の計算です。高い。

 作。麺のゆで時間は90秒。スープのお湯は270ml。とんこつラーメンとしては普通な感じです。ゆで時間が90秒のラーメンを上手く作るコツは、麺を茹でる前にスープと具、全ての用意を終わらせておく事。

IMG_9826.jpg

 具。具は相変わらず東幹久みたいに色が濃いチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ。メンマは使い切ったと思ってた前回作成分が冷凍庫の奥にあったのでソレを使ったよ。

 味。麺もスープも特筆すべき点が今ひとつ見つからない。特別美味しいわけでも無く、不味いわけでもない最も書くのに困る類の味だ。スープは割りとアッサリ目。麺もそれに合わせてクセが無い、特徴のないストレート麺に仕上がっている。

IMG_9830.jpg

 評価。☆2。高い割りに超普通だった。この味なら100円以下で食べられるからなー。200円払ってこの商品を選ぶ理由は一つもない。
posted by マツモトケイジ at 08:40| Comment(0) | 家ラーメン

2008年06月03日

藤原製麺株式会社「和歌山出井商店中華そば」

IMG_9787.jpg

 今回は藤原製麺株式会社の「和歌山出井商店中華そば」です。2食入りで474円。1食238円の計算です。高い。奈良ファミリーの地下で買いました。ここんちは品揃えは良かったんですが、ちょっと高級路線のが多かったです。まぁ、レシートには近鉄百貨店って書いてあったしな。

 作。麺のゆで時間は2分。スープのお湯は270ml。作り方はいたって普通。スープの原液をドンブリにあけたら、ちょっとどうかって思うくらい茶色いのでやや引いた。大体、渋谷の女子高生と同じくらいの茶色さ。

IMG_9791.jpg

 具。チャーシュー、ナルト、メンマ、ネギ。切ってからタレに漬け込んだので色がエライ濃くなってしまいました。スープの茶色さにかなりの保護色。次回のチャーシューは切ってからの漬け込みはやめとくことにしよう。


 味。濃い。観た目通りに濃い。スープだけでご飯食える感じ。なるほど、これが和歌山ラーメンか。麺と合わせても味が濃くて濃くて・・・・。スープのお湯は心持ち多いのが良いかもしんない。あと、どんぶりご飯を用意しておくと良いかもしんない。

IMG_9794.jpg

 評価。☆2.5。ちーっと味が濃すぎて好みじゃなかった。値段もなー、ちょっと高い。という事でやや低めの評価となった。


 余ったスープに米を入れておじやじみた物を作ってみた。具はネギとチャーシュー。これは美味かった。コツは、スープ2に水1を足して薄めにすること。スープ1、水1でもいいかもしんない。なかなかの美味に仕上がります。

IMG_9798.jpg
posted by マツモトケイジ at 12:55| Comment(0) | 家ラーメン

2008年06月01日

オーシャンフーズ「博多とんこつ生ラーメン」

IMG_9729.jpg

 今回の家ラーメンは、奈良の西大寺駅前にある奈良ファミリーで買ったオーシャンフーズの「博多とんこつン生ラーメン」です。2食入り398円。1食200円なのでちょっと高級です。だって、買ったのがファミリーの地下の近鉄百貨店だもの。いわばデパート。高いだけに期待できます。

 作。麺のゆで時間は1分半。しかしながら、堅めに茹でろと書かれていました。ってことは、1分あたりにした方がいいのでしょうか?しかし最初は指定通りに作るのがこのブログの流儀です。スープのお湯は250ml〜270mlとの事。お湯の指定に幅を持たせているのは初めて見ました。とりあえず260mlで作ってみました。

IMG_9732.jpg

 具。具は、キクラゲ、紅ショウガ、チャーシュー、ネギ。ネギはプランターで栽培している物なので、つまり無農薬有機栽培でロハスです。ではでは、いただきまーす。

 味。麺を一口食べての感想は、「あ、カップ麺」だった。作って1分ほど撮影して、急いで食べたのだが、それでも伸びしてまったというのだろうか。歯ごたえがないフニャフニャ麺で正直いまいち。スープはクリーミーで美味しいのだが、カップ麺っぽいフニャ麺と食べていると、スープまでカップ麺っぽく感じてくるから不思議。

あー、ダメだぁ。

IMG_9735.jpg

 評価。☆1。1食200円という値段に対してのこの味だと、まぁ、個人の好みも当然あるのでこれを美味しいと評価する人もいるのだろうが、僕は☆1をつけざるを得なかった。やっぱとんこつラーメンはなかなか美味しいのが無いなぁ。今日のお昼は日本橋の「しばらく」で食べようかしら。箱崎界隈のとんこつラーメンだと、あそこが好きなのよね。



※・・・2食目を堅めに茹でてみました。ゆで時間は1分。マシにはなったけど、なんだかやっぱり好みと違う味でした。やっぱりどうもカップ麺っぽいんだよなー。
posted by マツモトケイジ at 13:59| Comment(0) | 家ラーメン

2008年05月31日

時計台フード株式会社「サッポロ生ラーメン味の時計台 しお」

IMG_9721.jpg

 今回は、札幌出張の時に買ってきた時計台フード株式会社の「サッポロ生ラーメン味の時計台 しお」です。札幌駅のキオスクっていうか、デカイ土産物屋で売ってました。

 なんかねー、札幌のイトーヨーカドーとかも行ったんだけど、なんだか高いラーメンばっかり売ってるんですよね。2食入り200円くらいの安いのがあんまり無くて、2食500円とか4食1000円とか、そんなんばっかなんですよ。なんだかなーっていうか、「ラーメンが名物なんだから高くても買うでしょ?」って意図が透けて見えて嫌な感じです。

そんな訳でこれは2食入り365円。1食180円とやや高級な部類です。

 作。麺のゆで時間は2分から2分半。スープは400mlのお湯を鍋で沸かして、鍋の中で作れと書いてあった。これは他のラーメンと一線を画すスープの作り方。お湯が400mlなんて多いのも初めてなら、鍋で作れっていうのも初めて。これはドンブリで作ると冷めちゃうからって事でしょうか。北国ならではの違いだ。

IMG_9724.jpg

 具。今回はまた新しいチャーシュー。いつも買っているチャーシュー用の肉が売ってなかったので、バラのブロックを買ってきて作った。サイズが小さいので3枚。他にはメンマとナルト、ネギ。

 味。スープはニンニク風味のうま味スープ。見た目のさっぱり感と裏腹に、しっかりした味がする。麺は太くてコシがある。撮影を考慮して2分でお湯から上げたのだが、しっかり2分半茹でた方が美味しかったかも知れない。初めて作ったバラ肉のチャーシューは、油がトロトロで美味しかった。

IMG_9726.jpg

 評価。☆3.5。味は好みだった。ニンニク風味は好きだし、太めんも好きだし。だけど1食182円は家ラーメンの中ではちょっと高いかな。わずか数十円の違いだが、もうちょい安く買っていたら評価は上がっていたかもしれない。

・・・・でも、買ったのスーパーじゃなくて土産物屋だしなぁ。スーパーでならもっと安かったかもしれないないなぁ。


えーい!やっぱり☆4だ!ラーメンにはおろしニンニクっしょ!という人にはおすすめ。ただし、デート前には気をつけて。
posted by マツモトケイジ at 10:21| Comment(2) | 家ラーメン

2008年05月28日

シマダヤ「ゴマ冷やし中華」

IMG_9696.jpg

 ずっと普通味の冷やし中華が続いてきたので、ここらでゴマだれの冷やし中華を食べることにしましょう。というワケで、シマダヤの「ゴマ冷やし中華」を買ってきました。定価は280円。スーパーで268円でした。1食134円の計算です。

 作。麺のゆで時間は3分半。後は大体いつもと同じ。冷やし中華を作る時は、具を事前に用意しておくことが肝要だ。じゃないと、温かい錦糸卵を載せる羽目になっちゃうし、忙しいからね。

IMG_9701.jpg

 具。今回はちょっと盛り方を変えてみた。変わり映えしないものね。トマトをクシ切り、キュウリは斜めの輪切り。花みたいに丸く並べて真ん中に卵、ハム、紅ショウガ。うむ、可愛い。

IMG_9696.jpg

 味。ゴマだれ、美味い。酸っぱくネットリ、ゴマの風味と油感がいい具合だ。麺にも絡みまくって、これが良い。ただ、麺だけだとややしつこい感想になってしまうだろう。そこで良い働きをするのがキュウリとトマト、つまり野菜。野菜と麺とタレ。全てが調和して冷やし中華の味が完成する。

 評価。☆4。ここんとこ普通の冷やし中華ばかり食べてきて、飽きが来ていたので違う味で嬉しかった。シマダヤの製品は大概低価格で美味しいので安心して買うことが出来る。
posted by マツモトケイジ at 22:59| Comment(3) | 冷やし中華

2008年05月25日

名城食品株式会社「冷やし中華」

IMG_9362.jpg

 今回紹介するのは、滋賀のスーパー、平和堂で買った名城食品株式会社の「冷やし中華」です。定価は220円。確か買値が168円。1食84円くらいなので寿がきやの冷やし中華に迫る安さです。果たして、美味いか。

 作。寿がきやの製品もそうだったが、関西方面でしか売ってない製品は、なぜか裏側の説明書きが細かい。大体読み飛ばして、重要な麺のゆで時間だけ調べて調理開始。麺は2分30秒茹でろとの事なので、その通りに茹でて、お湯を切って麺を流水で揉み洗い。冷えたら具を盛りつけ。


 具。いつも通りのオーソドックスな3点盛り。錦糸卵、ハム、キュウリ。だれが考えたのか、冷やし中華っていったらこれよねー、って感じの具だ。

IMG_9370.jpg

 味。麺はことさらに細い。しかしながら噛むと弾力がある。ちょっと他とは違う感覚だ。スープはその細さに合うようにしたのか、非常にサッパリしている。油が少なく、甘さ、しょっぱさも控えめ。酢の酸味が一番目立つ。僕は涼しい5月の朝にコレを食べて評価しているのだが、本気に暑い8月の昼間に食べたら本当に美味しいんじゃないかと思った。

IMG_9371.jpg

 評価。☆4。これまでの冷やし中華の中で一番好きだ。安いのもグー。関西方面のスーパーでは大抵売っている定番商品らしいので、関西の人は日常的に、関東の人は旅行や出張の際に手に入れて食べたら良いだろう。


オマケ 「焼きソバ田 むし男」だそうです。かわい・・・くない
IMG_9363.jpg
posted by マツモトケイジ at 23:07| Comment(2) | 冷やし中華

2008年05月24日

シマダヤ「冷やしラーメン」

IMG_9202.jpg

 今回の冷やし麺は、シマダヤの「冷やしラーメン」です。冷やしラーメンって言うと山形が有名なんだっけ。実はあんまり食べたことがないジャンルのメニューだったりします。スーパーで399円でした。1食200円なので、ちょっと高級。

 作。麺のゆで時間は2分。細麺の割りにちょっとだけ長めです。冷やし麺の場合は、温麺よりも3割ほど長く茹でるのが普通なんですな。茹でたら冷水で冷やしてヌメリを取って、という手順は冷やし中華類と同じ。ドンブリにスープを作り、そこに盛りつけたら完成。

IMG_9701.jpg

 具。具は、チャーシュー、なると、白髪ネギ。添付の焦がしネギを掛けたら完成です。チャーシューは脂が少ない部分がいいかもしんない。冷えたラードっていまいち美味しくないしねぇ。

IMG_9213.jpg

 味。ちぢれた細麺は噛むと弾力があって大変によろしい。スープは鰹風味の化学調味料味。一応ちゃんと中華風で、うむ、冷たいラーメンですな!という感じ。スープには意外に油がたくさん浮いていて、食べてると口の周りがヌルヌルになってしまう。これがちょっと不快かも。

 評価。☆2。弾力のある細麺は美味しかったんだけど、スープがいまいちでした。科学の味が強すぎた。冷たいラーメンってのがそもそも無理があるのかなぁ。美味い!という程美味いわけでなし。1食200円でこのガッカリ感だと、評価は低くならざるを得ません。

また買うことはないかなーという感じです。
posted by マツモトケイジ at 11:32| Comment(0) | 家ラーメン