2008年05月31日

時計台フード株式会社「サッポロ生ラーメン味の時計台 しお」

IMG_9721.jpg

 今回は、札幌出張の時に買ってきた時計台フード株式会社の「サッポロ生ラーメン味の時計台 しお」です。札幌駅のキオスクっていうか、デカイ土産物屋で売ってました。

 なんかねー、札幌のイトーヨーカドーとかも行ったんだけど、なんだか高いラーメンばっかり売ってるんですよね。2食入り200円くらいの安いのがあんまり無くて、2食500円とか4食1000円とか、そんなんばっかなんですよ。なんだかなーっていうか、「ラーメンが名物なんだから高くても買うでしょ?」って意図が透けて見えて嫌な感じです。

そんな訳でこれは2食入り365円。1食180円とやや高級な部類です。

 作。麺のゆで時間は2分から2分半。スープは400mlのお湯を鍋で沸かして、鍋の中で作れと書いてあった。これは他のラーメンと一線を画すスープの作り方。お湯が400mlなんて多いのも初めてなら、鍋で作れっていうのも初めて。これはドンブリで作ると冷めちゃうからって事でしょうか。北国ならではの違いだ。

IMG_9724.jpg

 具。今回はまた新しいチャーシュー。いつも買っているチャーシュー用の肉が売ってなかったので、バラのブロックを買ってきて作った。サイズが小さいので3枚。他にはメンマとナルト、ネギ。

 味。スープはニンニク風味のうま味スープ。見た目のさっぱり感と裏腹に、しっかりした味がする。麺は太くてコシがある。撮影を考慮して2分でお湯から上げたのだが、しっかり2分半茹でた方が美味しかったかも知れない。初めて作ったバラ肉のチャーシューは、油がトロトロで美味しかった。

IMG_9726.jpg

 評価。☆3.5。味は好みだった。ニンニク風味は好きだし、太めんも好きだし。だけど1食182円は家ラーメンの中ではちょっと高いかな。わずか数十円の違いだが、もうちょい安く買っていたら評価は上がっていたかもしれない。

・・・・でも、買ったのスーパーじゃなくて土産物屋だしなぁ。スーパーでならもっと安かったかもしれないないなぁ。


えーい!やっぱり☆4だ!ラーメンにはおろしニンニクっしょ!という人にはおすすめ。ただし、デート前には気をつけて。
posted by マツモトケイジ at 10:21| Comment(2) | 家ラーメン

2008年05月24日

シマダヤ「冷やしラーメン」

IMG_9202.jpg

 今回の冷やし麺は、シマダヤの「冷やしラーメン」です。冷やしラーメンって言うと山形が有名なんだっけ。実はあんまり食べたことがないジャンルのメニューだったりします。スーパーで399円でした。1食200円なので、ちょっと高級。

 作。麺のゆで時間は2分。細麺の割りにちょっとだけ長めです。冷やし麺の場合は、温麺よりも3割ほど長く茹でるのが普通なんですな。茹でたら冷水で冷やしてヌメリを取って、という手順は冷やし中華類と同じ。ドンブリにスープを作り、そこに盛りつけたら完成。

IMG_9701.jpg

 具。具は、チャーシュー、なると、白髪ネギ。添付の焦がしネギを掛けたら完成です。チャーシューは脂が少ない部分がいいかもしんない。冷えたラードっていまいち美味しくないしねぇ。

IMG_9213.jpg

 味。ちぢれた細麺は噛むと弾力があって大変によろしい。スープは鰹風味の化学調味料味。一応ちゃんと中華風で、うむ、冷たいラーメンですな!という感じ。スープには意外に油がたくさん浮いていて、食べてると口の周りがヌルヌルになってしまう。これがちょっと不快かも。

 評価。☆2。弾力のある細麺は美味しかったんだけど、スープがいまいちでした。科学の味が強すぎた。冷たいラーメンってのがそもそも無理があるのかなぁ。美味い!という程美味いわけでなし。1食200円でこのガッカリ感だと、評価は低くならざるを得ません。

また買うことはないかなーという感じです。
posted by マツモトケイジ at 11:32| Comment(0) | 家ラーメン

2008年05月22日

阿藻珍味「あもちんの尾道ラーメン」

IMG_9178.jpg

 今回は奈良のスーパーで買ってきた阿藻珍味の「あもちんの尾道ラーメン」です。通常は2食で500円。割りと高級ですな。今は期間限定で3食500円。つまり1食165円くらい。1食250円だと「高いなぁ」って感じですが、165円ならまぁいいんじゃね?というところか。

 作。麺のゆで時間は1分10秒から20秒。わずか10秒しか誤差を許さない辺りにこだわりを感じます。スープは300mlのお湯で作りますが、原液をドンブリにあけたら背脂が沢山入ってました。いわゆる背脂ちゃっちゃ系だったのですな。

 具は普通にチャーシュー、メンマ、ナルトにネギ。チャーシューは小さいけど厚めで、実はボリュームがあったりします。

IMG_9182.jpg

 味。平たいストレート麺がなんだか沖縄そばみたい。スープはダシ感薄い醤油味。魚介系の味と香りはするんだけど、醤油味に負けてる気がする。

 なんか、マズイ。いや、マズイってのはよくないな。口に合わない。まぁ、マズイラーメン屋になぜかはまってしまう事もあるわけで、誰かにとっての「マズイ」が自分にとっての最高だったりする事もあるから。好きずきだろうなーと思う。

 ただ、ラーメンっていう事を忘れて食べればこれはこれでありかなぁという気もしてくるわけで、つまり、これはラーメンじゃない。「尾道そば」なんだろう。多分。

IMG_9186.jpg

 評価。☆1.5。ラーメンとして評価したので評価は低め。「食べ物」として評価したら大体2.5くらい。個人的にはあんまり好きじゃないなー、なんて思いました。あと2食、どうしよう。
posted by マツモトケイジ at 08:33| Comment(3) | 家ラーメン

2008年05月15日

ふくや「とんこつラーメン ふくや特製辛子付き」

IMG_8746.jpg

 今回の家ラーメンは、三越でやってた福岡の物産展で買った、ふくやの「とんこつラーメン ふくや特製辛子付き」です。3食入り500円だったので、つまり1食165円くらい。ふくやと言えば辛子明太子で有名ですが、ラーメンも作ってるんですね。手広いな。

 作。麺のゆで時間は90秒から120秒。短いのでスープは麺を茹でる前に作っておくと良いでしょう。スープのお湯は300ml。やや多め。ちゃちゃっと出来たら急いで盛りつけ!

IMG_8752.jpg

 具。具は、ちょっとヤバイ感じだったので急遽冷凍したチャーシュー、ワカメ、メンマ、プランターで育ててるネギ。とんこつラーメンなんだからキクラゲを用意しとけって感じですか。

 味。ふくや特製辛子が思いの外辛くて汗だく。スープは豚骨臭が皆無な白湯スープ。とんこつラーメンって言われると違和感がある。麺はストレート細麺でザクザクしていて美味い。でもって、やっぱり辛い。辛いのが苦手な人は、辛子は入れない方が良いと思う。辛子が無い状態で食べるとなんだかちょっと物足りないので、完成形は辛子入りなんだろうけど。

IMG_8752.jpg

 チャーシューを噛んだら、ちょっと腐った感じがした。うーん、我ながら悪食。普通なら捨てるレベルだな。ワカメは実家から送られてきた肉厚な一品。これが美味い。食感的にはキクラゲで、思いがけずキクラゲ的な具を載せることに成功した。


 評価。☆3.5。美味かった。辛子が効いてて美味かった。しかし、3.5くらいかなぁ。ふくやなら明太子味のラーメンなんてあっても良いと思うのだけど、それってベタな素人考えでしょうかね。

 まぁ、500円で3食入ってて、コンパクトなのでお土産には良いと思います。3人家族に買っていくなら良いでしょう。子供二人の4人家族に買っていくと、お父さんが泣くか子供が喧嘩するかのどちらかになって不幸なので避けた方が良いと思います。
posted by マツモトケイジ at 10:41| Comment(0) | 家ラーメン

2008年05月09日

寿がきや「和風とんこつラーメン」

IMG_8554.jpg

 今回は、名古屋在住のはいしーさんから送られてきた名古屋人のソウルフード、寿がきやの「和風とんこつラーメン」です。同封されてきたレシートに書かれた値段はなんと198円。1食100円というお求め安さ。3食の生麺では1食100円を切る製品も散見されますが、2食入りで100円を切る物は珍しいでしょう。


 作。麺のゆで時間は2分。スープのお湯は300ml。パッケージの裏に、2リットルのお湯を沸かして、そのうち300mlをスープに、残りを麺茹でに使うように書かれていた。お湯の使い方まで指導しているのは初めて見た。

 僕はいつも小鍋で麺茹で用のお湯を沸かし、ヤカンでスープ用のお湯を沸かしている。しかし、そのお湯を一つの鍋で沸かしてしまえば道具もコンロも一つで済むわけだ。これは一人暮らしの男性に向けて書かれている説明なのかも知れない。細やかな気配りと考えるべきだろう。

IMG_8558.jpg

 具。具は連続して大体同じ。チャーシュー、メンマ、ネギ。と、卵だ。パッケージの写真では白身だけ固まった卵が載っていたので真似しようとしたのだが、失敗してややまずそうな感じになった。まぁ、見た目はともかく味は同じだろう。

 味。むむっ、これは!フードコートのラーメンそのものの味だ。麺とスープの見事なまでのチープ感が凄い。スープは和風とんこつという名とは裏腹に豚骨感ほぼゼロw。カップ麺の豚骨ラーメンを食べて、豚骨とは違うなぁって思ったりするのに近い感じだ。

IMG_8561.jpg

 チープで豚骨とは違って、だからってマズイかというとそうではなく、これはこれで美味いし、1食100円って思ったら「カップ麺を100円で買って食べるならこっちだな」という、生ラーメンではなかなか無い気持ちが湧いてくるのが凄いと思った。

 評価。☆4。本格派の生ラーメンと比べると味の絶対的な勝敗では負けてしまうが、チープ感を求める嗜好と価格での勝負なら多分負けません。僕も好きなラーメンだ。流石寿がきやと思いました。

↓ランキングに参加しました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
posted by マツモトケイジ at 08:32| Comment(2) | 家ラーメン

2008年05月08日

アイランド食品「味噌スープ 札幌の名店 桑名」

IMG_8547.jpg

 今回で3回目、最終回のアイランド食品「北海道ラーメン共演名店三品」です。2食食べ終わってますので、今回は「味噌スープ 札幌の名店 桑名」と言うことになります。はたして今回も高得点が出るのか出ないのか。

 作。麺のゆで時間は2分半から3分。スープは共通の300ml。以上。

 具。具は連日同じな、チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔。変化が欲しいところですが、家ラーメンという1日1食しか消費されないラーメン屋にとって具のバリエーションを増やすのは至難なのであった。

IMG_8550.jpg

 味。麺は味噌ラーメンにピッタリの中太縮れ麺。色が黄色いのはかん水多めにしてるからでしょうか。これがムチムチしていて美味いんだ。スープは正統派の美味い味噌ラーメンスープ。口に含むとうま味と甘味が舌を包み込んでくれる。正統派の美味いラーメンは、時として「普通に美味い」なんて言われちゃうけどこれは普通を越えて美味しいラーメンだと思いました。

IMG_8552.jpg

 評価。☆4.5。アイランド食品のラーメンはどれも美味しい。地方に行ってアイランド食品の箱ラーメンを見つけたらお土産に買ったらいいと思う。鉄板の美味しさですぜ。
posted by マツモトケイジ at 11:04| Comment(0) | 家ラーメン

2008年05月07日

アイランド食品「塩スープ 函館麺や 一文字」

IMG_8540.jpg

 昨日に続いてアイランド食品の「北海道ラーメン共演名店三品」の中から「塩スープ 函館麺や 一文字」を紹介します。塩ラーメンって実はあんまり食べないの。これはどうかしら、美味しいかしら、あたしの可愛いお口に合うかしら。なんて唐突にネカマで書いてみたりして。

気味悪いので戻しますね。

 作。麺のゆで時間は2分半から3分。スープは3食共通で300mlのお湯で作る。毎回思うんだけど、「作」の部分ってあんまり書くことが無い。といって辞めるわけにもいかないので続けますが。

IMG_8542.jpg

 具。具は、昨日作ったチャーシュー、ネギ、メンマ、海苔。チャーシューは肉の断面積が小さくて1枚だと寂しいので、2.5枚載せた。最近すっかりナルトのことを忘れている。んー、ナルトってラーメンに必要ですかね。彩り以外の意味で。

IMG_8544.jpg

 味。麺はストレート細麺。これがアッサリした塩スープに合っていて美味い。これが普通のちぢれ中華麺だったら、こうは上手く合わないだろう。相性という点でこの麺とスープの組み合わせは最高だ。スープは野菜のうま味と甘味を感じさせる、自然な美味しさでこれまた高評価だ。鍋料理を食べて後に残った汁のような美味しさがある。残ったスープで雑炊を作ったら美味しそうだ。

 評価。☆4.5。美味い。優しい味のスープ、それを損なわない麺。翼君と岬君並のゴールデンコンビと言える。これはいいラーメンだと思いました。
posted by マツモトケイジ at 12:53| Comment(2) | 家ラーメン

2008年05月06日

アイランド食品「北海道ラーメン共演名店三品」

IMG_8524.jpg

 今回の家ラーメンは、アイランド食品「北海道ラーメン共演名店三品」です。北海道のお土産として友人にもらったもの。ありがたい!いやぁ、これでいただき物は何食目かしら。僕も5月に仕事で北海道に行くので、珍しいラーメンを見つけてきたいと思います。

 アイランド食品といえば、以前紹介した天天有のラーメンもここの製品です。天天有のラーメンは非常に美味しかったので、いやがうえにも期待が高まります。

IMG_8525.jpg

 今回は3種類の中から「醤油スープ 旭川らぅめん 青葉」を選んでみました。パッケージに写っている店主の顔写真が、どうも三谷幸喜に似ているのですが、三谷さんは旭川でラーメンを作ってたんですね。という与太話はこの辺にして。

 作。これは3食全ての麺が違うので、それぞれゆで時間が設定されている。青葉の麺は90秒から2分半。細麺なので短めだ。スープはまたそれぞれパックのサイズが違うのだが、お湯の量は300mlで統一されている。と言うことを箱の裏側を読んで知って、その通りに作った。

IMG_8531.jpg

 具。箱の写真にならって、チャーシュー、メンマ、ネギ。寂しかったので海苔を2枚載せた。これで自家製チャーシューは打ち止め。明日からどうしようか。またチャーシュー作るか。次回の更新は少し先になるかも知れません。

 味。すごい濃い。スープは見た目通りの醤油味。しょっぱくて、わずかに甘いです。飲み干すのにためらいを感じる濃さ。麺をすすると、強く縮れた麺がスープを引き上げてくれて、大体丁度いい味になる。飲むためのスープって言うよりは、つけ麺のつけダレの様なスープと考えるといいのだと思う。

IMG_8534.jpg

 だからスープは積極的に残していくか、もしくはだし汁を追加してスープのスープ割りで飲んだらいいんじゃないかと思った。麺はザクザクした歯ごたえで、ちぢれ感が口の中で踊って美味しい。縮れたそうめんみたいな味を想像すると大体正しいと思う。

 評価。☆3.5。麺との相性はいいんだけど、自分には味が濃すぎました。食べ終わった後唇がピリピリしているのは、おそらくダメと思いつつもスープを全部飲んでしまったからでしょうね。
posted by マツモトケイジ at 08:04| Comment(0) | 家ラーメン

2008年04月30日

日清「行列の出来る店のラーメン 横浜」

IMG_8561.jpg

 今回の家ラーメンは、日清の「行列の出来る店のラーメン 横浜」です。確かワイズマートで368円だったと思います。大体1食185円。200円近い感じ。家ラーメンの場合、150円を超えると高級感が漂ってきますね。

IMG_8378.jpg

 パッケージを開けてまずおどろくのがスープの大きさ。僕の手の平と比べても相当な大きさと判ります。この感覚は生一麺の製品でも感じました。こだわりの方向が似てるのかも知れません。

 作。麺のゆで時間は3分くらい。スープのお湯は270ml。270mlって設定しているラーメンは大体スープにこだわりがあって美味しい場合が多いので期待が高まる。270mlで作るのって生一麺だけじゃなかったようだ。どっちが真似したんだろうか。

IMG_8381.jpg

 具。そろそろ傷み始めてきたチャーシューをたくさん載せてチャーシュー麺とした。あとは、作りたての味付けメンマ。青ネギ。味玉とナルトが欲しいところですな。次のラーメンまでには用意しておきたい。

IMG_8385.jpg

 味。スープはぬるっとした口当たりで、濃厚美味。前の味を知らないので比較は出来ないが、「スープがおいしくなりました」とパッケージに書くだけのことはあると思った。3分茹でた麺は、かみ切るとプチンと弾ける感触があり、日清の地力を感じる出来になっている。流石、美味い。美味いんだけど、味が濃くて脂もそれなりに入ってるので、紅ショウガを載せた方が美味しいんじゃないかと思った。あと、スープを全部飲むと体に悪そう(美味くて飲んじゃったけど)。

 評価。☆4。美味いんだけど、高いんだよなー。高くしたから美味しくできたんだとは思うけど安く美味しくお手軽にをモットーとしてる当ブログとしては、1点マイナスせざるを得ませんでした。すまぬ。
posted by マツモトケイジ at 11:01| Comment(0) | 家ラーメン

2008年04月27日

生一麺「東京荻窪醤油ラーメン」

IMG_8368.jpg

 今回の家ラーメンは、生一麺の「東京荻窪醤油ラーメン」です。生一麺が続きますが、回し者という訳ではございません。サミットでしか売ってないので、サミットに行くとまとめてたくさん買うから続いてしまうのです。ちなみに値段は2食278円。1食140円の計算になります。


 作。麺のゆで時間は1分半から2分半。お好みで固くも柔らかくも茹でられます。僕は撮影の時間を考慮して1分半でお湯を切った。大体いつも撮影は30秒くらい掛かっている。スープは生一麺のラーメン共通、270mlのお湯で作る。

IMG_8372.jpg

 具。色々用意できなくて、チャーシュー、コーン、ネギ、海苔となった。メンマがねー、油断してたら傷んじゃってた。無念。そういえばナルトも切らしてるんだ。買って来なきゃ。

 味。スープは魚介系のダシと鶏ガラが香るアッサリ味。麺は中太中華麺。オーソドックスな中華そば、東京ラーメンの味と言えましょう。普通と言えば普通なのですが、その普通さに込められたこだわりのせいか、精度が高い美味しさがある。素人が家で作ってこの味が簡単に出てしまうのが凄い。美味い。

IMG_8375.jpg

 評価。☆4.5。美味いラーメンを食べた!という満足感がある。3食入り198円とかその辺の、とりあえずラーメンを食べたという感想から3段くらい上の感想を持てる味だ。生一麺に外れ無し。凄いメーカーだ。是非サミット以外でも扱って欲しいところです。

↓ランキングに参加しました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
posted by マツモトケイジ at 12:59| Comment(0) | 家ラーメン

2008年04月24日

生一麺「東京とんこつ醤油ラーメン」

IMG_8324.jpg

 今回は、つけ麺でお馴染みの生一麺が出しているラーメン、「東京とんこつ醤油ラーメン」です。生一麺自体がサミットにしか商品を卸してないのか、これも他では見たことありません。

 作。麺のゆで時間は1分半から2分半。中華麺のゆで時間としては普通です。スープのお湯は270ml。普通は250か300なので、この20mlになにかこだわりがあるのでしょう。

IMG_8329.jpg

 具。具はゆで卵、チャーシュー、メンマ、ネギ、紅ショウガ。チャーシューは炙ってみた。炙った時に脂が焼き網で煙ってたんだけど、この煙の匂いってのはどうしてこんなにいい匂いなのかね。本能をくすぐる程にいい香りですよね。ゆで卵は、すっかり存在を忘れてて冷蔵庫の奥で半分傷んでたんだけど、臭い部分を取り除いて入れてみた。大丈夫かな、お腹。

IMG_8330.jpg

 味。麺はしっかりもちもちしていて美味いです。生一麺の麺ですね。スープは確かにとんこつ醤油なんだけど、やっぱり僕はとんこつ醤油という存在自体が好きじゃないみたいで、もう一つ美味しいと感じません。普通のとんこつか、醤油味なら魚介系が僕の好みのようです。自分でも自分の好みがよく判ってなかったんですが、食べ続けてやっとわかりました。言うなればこのラーメン、普通に美味い、です。

 評価。☆4。個人的には好みじゃないんですが、全体のまとまり、多からず少なからずなスープの量(270mlで丁度良かった)など、一個の製品、ラーメンという完成品として良くできていました。流石生一麺と思わせられる1杯です。これが2食で278円、1食140円で食べられるんだから家ラーメンは堪りませんな。
posted by マツモトケイジ at 16:08| Comment(0) | 家ラーメン

2008年04月22日

天天有スープ+恵比寿ラーメン

IMG_8317.jpg

 替え玉した為、天天有のスープが1食分余っていたんですが、「東京恵比寿ラーメンすっきりしお味」麺が細くて美味しくて、このスープに合うように思えたのでこの組み合わせで作ってみることにしました。

作、具はこの際飛ばして「味」をいきなり書いてみましょう。

IMG_8319.jpg

 味。細い麺をガバッと掴んですすると、まるで飲んでるかのようにスープが口に入ってきて、実に美味しいです。細麺ならではの保スープ力ですな、これは。麺の味はスープを邪魔せず、スープの味は麺の美味しさを引き立てる。すごいベストマッチ。これは良い発見をしてしまったかも知れません。

IMG_8323.jpg

 評価。星4.5。他種のスープと麺を合わせたとは思えない美味しさ、相性の良さに驚きました。そしてなんつっても、天天有のスープは美味しい。この点数の7割から8割はスープの美味しさで叩き出したものかもしれんなぁと思います。

満足なラーメンでした。
posted by マツモトケイジ at 09:41| Comment(3) | 家ラーメン

2008年04月10日

シマダヤ「東京恵比寿ラーメンすっきりしお味」

IMG_8220.jpg

 今回の家ラーメンは、シマダヤの「東京恵比寿ラーメンすっきりしお味」です。定価が280円なので、多分248円とかそのくらいの値段で買ったはず。1杯120円くらいのラーメンがどれほどの味か、シマダヤの実力を見せてもらおう。

 作。麺のゆで時間は90秒。細麺なのであっという間に出来てしまいます。スープは300mlのお湯で。値段の割りにスープの量が多いようですな。スープに自信があると言うことでしょうか。

IMG_8225.jpg

 具。チャーシュー、メンマ、ネギ、ゆで卵、ヤングコーン。塩ラーメンというとなんだかコーンを乗せたくなりますな。このヤングコーンはスーパーの見切り品だったので早めに食べねばなりません。

 味。麺はそうめんみたいな細さと食感。それでいて弾力がある辺りが確かに中華麺でありラーメンだ。その麺とスープの組み合わせは絶妙。透き通った塩味のスープはしつこくなく、サッパリとしていてグイグイ飲める美味しさだ。すごい。

IMG_8227.jpg

 評価。☆5。これは美味い。塩ラーメンってあんまり好きじゃないんだけど、これは美味しかった。しかも低価格でのこの味は、やはり満点に値する。流石麺業界のユニクロ。製品にそつがない。
posted by マツモトケイジ at 13:16| Comment(2) | 家ラーメン

2008年04月03日

小川屋「うまか博多ラーメン(とんこつ醤油味)」

 今回は小川屋の「うまか博多ラーメン(とんこつ醤油味)」です。なんと驚きの2食150円。つまりは1食75円という計算になります。すげー、ポテトチップより安いでやんの。社食のラーメン200円が激安と思ってたんですが、家ラーメンはもっと安かったので驚きです。具を入れても1食150円くらいなんじゃないでしょうか。

 作。麺のゆで時間は90秒。流石とんこつらーめんです。細麺はゆで時間が短いのが良いよね。スープのお湯は250ml。コスト削減のためにスープを減らしてるのかも知れませんが、常々300mlでスープを作ると多いなーと思ってたので、250mlは逆に嬉しく感じます。写真が撮りやすくて良いです。

IMG_7957.jpg

 具。チャーシュー、メンマ、キクラゲ、ゆで卵、紅ショウガ。そろそろチャーシューがマズイ事にならないか心配な時期になってきました。一部冷凍して長期戦に備えようと思います。

IMG_7960.jpg

 味。麺もスープもあっさりしていてしかも量がほどほどなので軽く食べられます。朝から食べても大丈夫という希有な一杯。そういえば、家ラーメンを続けていて思ったんですが、どうにも量が多くて重いラーメンが多いように思います。しかし、これくらいなら女性も残さず食べられるんじゃないでしょうか。

 チルド麺はラーメンもうどんもそばも、7割くらいの量に抑えたパックを作ったら良いと思います。サイズが1つしか無いなんて変でしょう。多いなー、って思ってる人割りと多いように思うんですがどうでしょうか。

IMG_7962.jpg

評価。☆4.5。思いがけず高い点数ですが、これは主に値段が理由。激安で普通に美味しい、いわば餃子の王将みたいなラーメンといえましょう。こういうのもいいよね。
posted by マツモトケイジ at 13:07| Comment(0) | 家ラーメン

2008年03月31日

カネジン食品「札幌生ラーメン 味通本店」

IMG_7945.jpg

 今回はカネジン食品の「札幌生ラーメン 味通本店」です。どうやら札幌にお店があるラーメン屋の再現ラーメンの様です。確かサミットで買ったような記憶があります。記憶が確かならば、値段は2食で298円。1食149円の計算です。

 カネジン食品と言えば、以前紹介した「池袋大勝軒 なま中華そば」もカネジンでした。あれは味が普通で値段だけ高いというなかなかヒドイ感じだったのですが、今回はどうでしょうか。


 作。ゆで時間は2分半から3分。スープのお湯は300ml。思うに、スープに力を入れているラーメンの場合、お湯を300ml要求する場合が多いらしい。個人的には300mlのスープは多すぎるので250ml程度にしてくれた方が助かるのだが。

IMG_7948.jpg

 具。チャーシュー、かいわれ大根、メンマ、ナルト。温泉玉子っぽいものを載せたいと思って玉子をマグカップに入れ、そこに水を入れて加熱したら爆発した。以前僕が使っていたパワーの弱い電子レンジだとこの方法で温泉玉子っぽい物が出来たのだが、どうも今使っているハイパワー(1000W)の電子レンジでは出来ないのらしい。

 爆発と言っても庫内にはお湯が飛び散った程度で収まったので掃除は比較的楽だった。汚れた庫内が逆に綺麗になったほど。

IMG_7952.jpg

 味。意外にとんこつ。麺は札幌ラーメンらしい中太めんで、言ってみれば普通に美味い。ラーメン屋に入って600円でこれた出てきたら普通に食べて満足するレベルで、十分に美味しい部類に入る。


 評価。☆3.5。オーソドックスに美味しいので、普通な点数とした。カネジン食品に恨みは無いが、「普通」を高く評価するのも難しいので大体こんな物だろうと思う。
posted by マツモトケイジ at 15:12| Comment(0) | 家ラーメン

2008年03月28日

天天有4食目

IMG_7936.jpg

 今回は天天有のラーメンをまた食べたのご報告。具はチャーシュー、もやし、ネギ。パッケージの裏に書かれていた推奨通りにしてみた。しかしてやっぱりこのラーメンは美味かった。流石☆5つ。

 言葉も少なく黙々と食べたこの一杯でもって4食を完食。こないだ書いたようにスープが1つ余っているので、細麺を買ってきて天天有もどきを楽しみたいと思う。ああ、楽しみだ。

IMG_7938.jpg
posted by マツモトケイジ at 17:11| Comment(0) | 家ラーメン

2008年03月27日

えどやフーズ「会津喜多方らーめんしょうゆ味」

IMG_7925.jpg

 今回はえどやフーズの「会津喜多方らーめんしょうゆ味」です。ベルクで298円。1食150円の計算になります。ベルクはラーメンコーナーが妙に充実しているので、今後開拓していかねばならないと思います。

 作。普通に麺のゆで時間2分半とスープのお湯300mlを見て作り始めたんですが、これを書くにあたって見直したら、麺を茹でる前に麺を手揉みしろと書いてありました。あちゃー。やってない。

「いっそうおいしくなりますので、この手もみはぜひ行って下さい。」とパッケージに書いてありました。申し訳ない、是非行わなかった!次回は是非行っていきたいと思います。

IMG_7931.jpg

 具。ハムチャーシューの限界を見たので、肉塊を買ってきてチャーシューを作った。まぁ、ミルクパンで蒸し焼きにしてタレで煮込むだけだからね。時間は掛かるけど手間は掛からない訳で、作ろうと思えば誰でもすぐに出来てしまうでしょう。

 更にナルト、メンマ、ほうれん草、煮玉子。一通りの具を載せたら完成。最近は知恵が付いてきたのでちびちび使いでも具を腐らせることが無くなってきました。

IMG_7934.jpg

 味。見事に喜多方ラーメン。中3の時に修学旅行で会津方面に行ったんですが、その時食べた喜多方ラーメンを思いし出しました。たしか家族のお土産にチルドの喜多方ラーメンを買ったように思うのだけど、今やそれは東京のスーパーでも普通に買えちゃうわけですね。良い時代だ。

 スープは逆に珍しい普通の醤油味。醤油とんこつとか背脂たっぷりとか、妙な事をしていない普通の醤油スープはシンプルで美味しく感じました。


 評価。☆4。これは良いね。150円で喜多方ラーメンが、家にいながらにして食べられてしまう。流石21世紀、時も場所も越えて体験できるこの幸福に興奮を覚えずにはいられまい。太い平打ち麺が好きなら間違いなく満足できる一杯だろう。

もし食べるなら、麺の手揉みは是非お忘れなく。
posted by マツモトケイジ at 00:40| Comment(0) | 家ラーメン

2008年03月23日

アイランド食品「京都ラーメン天天有」

IMG_7887.jpg

 今日の家ラーメンは、アイランド食品「京都ラーメン天天有」です。例の奈良の友達にもらったラーメン第3弾!大変ありがたい。京都にある天天有というお店の再現ラーメン。京都の食べ物は大概美味いので期待が持てます。

 作。麺のゆで時間は2分〜2分半。スープは大きなスープパックが付いてて、それを300mlのお湯で戻す。だからドンブリに結構沢山なスープが出来上がっちゃって、あれ?お湯の量間違えたかな?と思いがち。しかしながらこの多いスープが逆に嬉しい結果を招くのだった。

IMG_7892.jpg

 具。具は、パッケージ写真にならってチャーシューとネギ。もやしが無かったのでキクラゲを入れてみた。九条ネギを入れた方がいいのかも知れないが、関東のスーパーではなかなか売っていないのでご容赦願いたい。

IMG_7894.jpg

 味。アッサリしていて美味い。スープは野菜を煮込んだスープみたいな甘さと美味さ、コンソメスープみたい。意外に色が薄いスープで、そこに京都を感じさせる。このアッサリスープにストレート細麺がバッチリあっていてまた美味い。ザクザクした食感の美味しい麺だ。これは良くできたラーメンであり、お店でも食べてみたいと思ったりした。

IMG_7898.jpg

 替え玉。そして4食入りという物量を活かしての替え玉各個撃破作戦。麺を再度茹でている間にスープをレンジでチン。ゆでたての麺、熱々のスープで2杯目が出来たならば、具も少々変えてみた。チャーシュー、メンマ、紅ショウガ。

 2杯目も美味しくいただけて、満足な家ラーメンだった。ところで賢明なる読者諸君なら下の連立方程式が解けることだろう。

X=4-2
Y=4-1
Z=Y-X
Z=(4-3)-(4-2)
Z=3-2
Z=1

 「Z=1」が何を表しているか。それは、言うまでもない、スープの残りであり、つまりこの美味いスープが最終的に1袋あまるという計算なのだった。これは素晴らしい解であり、そのうち麺だけ買ってきてアレンジされた美味しさを貪ってみようと思う。

 評価。☆5。いただきものなので価格は不明だが、美味しさ、4食入りというボリューム、麺とスープの相性、などなどどれを取っても今まで食べてきた家ラーメンとステージが違う。特にスープの美味さは格別。一緒に食べていた彼女様の残したスープまで飲んでしまった(※)。文句なく美味いと言えるラーメンであった。

アッサリ系が好きなら間違いなくおすすめできる逸品だ。


※…実は各個撃破に留まらず二正面作戦も展開していたのだ
posted by マツモトケイジ at 13:51| Comment(0) | 家ラーメン

2008年03月21日

菊水「札幌ちぢれ麺 とんこつ醤油」

IMG_7859.jpg

 今回は、確かイクスピアリの地下にある成城石井で捕獲した、菊水の「札幌ちぢれ麺 とんこつ醤油」。たしか350円くらい。ご存じの通りとんこつが好きなので買った。

 作。わかっちゃいたが中太中華麺が入ってて、ゆで時間は3分。むむ、細麺好きとしてはやや残念な内容だ。スープは、見るからにコッテリした原液に結構な脂が浮いてて、300mlのお湯で戻したならばそれを見ただけで満腹感を感じる程のコッテリだった。見た目。

IMG_7861.jpg

 具。先日から使っている伊藤ハムのチャーシューがちょっと残念な感じなので、ベルクで売ってた広告の品、100g178円の直火焼きチャーシューを買ってきた。こいつは美味そうだぜ、と思ったのと安さに惹かれた。この値段なら肉塊からチャーシューを作るのと変わらないものね。

 他の具は、ナルト、メンマ、海苔、ネギ、煮玉子とオーソドックスな感じ。っていうか具が多いかしら。しかしてどんどん使わないと傷んでしまうので毎回全部載せになってしまうのだった。この贅沢加減が家ラーメンの魅力とも言えよう。

IMG_7866.jpg

 味。スープの遠くに感じるとんこつがなかなかに良いのだが、札幌ラーメンなので麺は普通の中華麺。とんこつ好きとしては、やはりストレート細麺で食べたいところだ。まぁ、それは好みの問題なので置いておくとして、これはこれで相当に美味い。良い家ラーメンと言える。

 チャーシューは、柔らかくて美味しいのだがやっぱりどこかハムっぽい匂い薬臭さがある。やっぱ市販のチャーシューはダメだ。自家製チャーシューとは全然別物で、ラーメンに乗せるならチャーシューは自家製が良いと思った。ちと今は忙しいので作れないが、余裕が出来たらまたチャーシューを作ろうと思った。

IMG_7872.jpg

 評価。☆4。先日食べた菊水のカレーラーメンも美味かったが、これも標準以上に美味しかった。やりおるね、菊水。ここはやはり菊水の他のラーメンも見つけ次第捕獲するとしよう。
posted by マツモトケイジ at 21:53| Comment(0) | 家ラーメン

2008年03月20日

こがね食品「博多生ラーメン」

IMG_7843.jpg

 今回の家ラーメンは、上野駅のスーパーで買った、こがね食品「博多生ラーメン」です。確か210円くらい。豚骨ラーメンは好きなので期待したい。

 作。麺のゆで時間は1分半から2分半。堅めが好きなら1分半ってとこだろうか。スープは270mlのお湯で作るのは普通と同じだが、小袋の調味油が付いていた。これが小袋過ぎてうっかり麺と一緒に鍋に落としてしまった。

IMG_7849.jpg

 具。先日も使った伊藤ハムのチャーシュー、きくらげ、ゆで卵、シナチク、ネギ、海苔、紅ショウガ。盛りだくさんになってしまったのでなるとは抜きでお願いします。きくらげは大量に戻しすぎて傷んで捨てること2回なので、いい加減学習して1回分だけ戻すようにした。

 味。スープがややしょっぱいが美味い。とんこつ臭が薄くてマイルドなのでやや物足りないが、やっぱ市販品はこんなもんでしょうかね。麺はザクザクしていて美味い。チャーシューだが、どうにもチャーシューって言うよりハムっぽい。もしくはカップ麺のチャーシューというべきか。やはりチャーシューは自作に限るなぁと思った。

IMG_7852.jpg

 評価。☆2.5。お手軽に豚骨ラーメンを楽しめる点は評価できるが1食200円はちと高い部類。うーん、しかし味は良かったんだよな。えーい!やっぱり☆3だ!
posted by マツモトケイジ at 12:18| Comment(1) | 家ラーメン

2008年03月15日

菊水「北海道牛乳カレーラーメン」

IMG_7824.jpg

 今回は、「現代訳・徒然草」でお馴染み、奈良の友人がくれたラーメンその2です。その1から随分間が空きましたが、大体買い込んだラーメンは賞味期限順に使ってるので、そういう事情なのです。菊水の「北海道牛乳カレーラーメン」です。価格は不明。


 作。麺は中太めんでゆで時間は2分半から3分。スープは300mlのお湯で作る。スープの原液をドンブリにあけたら予想以上にカレーだった。これをそのままご飯に混ぜて炒めたらドライカレーになるんじゃないだろうか、そんなカレー度。

IMG_7829.jpg

 具。具はパッケージの裏に「人参、じゃがいも、ベーコン」が推奨されていたのでその通りにした。ベーコンは冷蔵庫に無かったので市販のチャーシューを使用。4枚入りで198円となかなかお高いのです(もっと高いのもあるけど)。あとはゆで卵、ネギ。メンマは合わなそうなので入れなかった。

IMG_7837.jpg

 味。まずスープがやっぱり予想以上にカレー。しかしながら辛さはなくて、ミルクのせいかかなりマイルド。優しいカレーの美味しいスープだ。やーん、カレーったらとっても優しい♪って感じ。太い麺はカレー味のスープとマッチしていて好相性。考えてみたらカレーそばよりもカレーうどんの方が(個人的には)美味しいから、カレースープには太めんが合うんだろうね。

IMG_7839.jpg

 評価。☆3.7。もっとカレーうどん的でも良かったが、でもそうするとカレーラーメンでは無くなってしまうのか。全体として文句はないが、具を用意するのがやや面倒だったので0.3減らした。
posted by マツモトケイジ at 08:54| Comment(0) | 家ラーメン

2008年03月14日

藤原製麺「浅草名代らーめん与ろゐ屋 和風しょうゆ柚子風味」

IMG_7784.jpg

 今回は、藤原製麺の「浅草名代らーめん与ろゐ屋 和風しょうゆ柚子風味」です。名前、ながっ!「与ろゐ屋」の部分も変換できなくて打つの面倒でした。値段は成城石井で429円、つまり1食215円と、チルドラーメンとしてはややお高めの設定となっています。

 こういうお店監修のラーメンはいくつもありますが、これが珍しいのはパッケージの右下に「双子味玉1個サービス」のクーポン券が付いている点でしょう。こういうのは始めて見ました。

 作。麺のゆで時間は2分半。スープのお湯は270ml。もはや「作」については解説不要でしょうか。

 具。具は残り3枚のチャーシューのうちの2枚。やっと今回のチャーシューを使い切ります。次回からは半分冷凍とか、長持ちの工夫をしたいと思います。1回で3枚とか贅沢な使い方は出来ればしたくない家ラーメンなのです。

IMG_7788.jpg

 メンマは味付きいのを買うと地味に高いので(5回分130円くらい)、カット済みの水煮を買ってきて自分で味付けしました。大体値段は1/4くらい。たくさん作ったので当分メンマには困りません(当面使う分以外は冷凍した)。あとの具は、なると、海苔、味付け玉子、ネギ。ネギもそろそろアレな色になってきました。具をたくさん用意すると使い切るのが大変ですね。

IMG_7794.jpg

 味。スープはかなりの魚ダシ。その向こうに柚子っぽい香りがチラチラしています。柚子はいいねぇ、柚子は。こ、これは!と思って少し柚子胡椒を入れてみたら更に美味くなった。ラーメンに柚子胡椒は合いますな。

 麺は普通の中華麺なのでスープほどの驚きはなかったけど、普通に美味しいって難しいことだからこれはこれでエライと思いました。前回のかがや食品「津軽ラーメン」の麺でこのスープだったらどうだろう・・・。と考えたら、なんだか美味しそうな気がします。次回はそれを試してみたいと思います。

 評価。☆3.5。柚子とラーメンの相性の良さを知らしめてくれた功績は大きいが、400円越えはちょっと高く感じ、380円、いや、350円だったら☆4もあったのだがなぁ、と思った。美味かったが値段がネック。成城石井で買ったから高かっただけかもしれんけど。
posted by マツモトケイジ at 09:28| Comment(2) | 家ラーメン

2008年03月12日

かがや食品「津軽ラーメン」

IMG_7754.jpg

 今回の家ラーメンは、かがや食品「津軽ラーメン」です。2食入り378円だから1食約190円。たしか成城石井で買ったはず。成城石井の食べ物は大概美味いので期待できます。特徴は細くてとにかく縮れた麺。これが食べた時にどういう味になるのか。作る前からワクワクするラーメンです。

IMG_7756.jpg

 作。麺のゆで時間は驚きの30秒。もの凄いあわただしく作らなきゃいけません。忙しいラーメンだぜ。スープのお湯は300ml。ゆで時間が短いので、麺をゆでる前にスープを作ってしまいました。麺茹でにおいて30秒ってのはつまり一瞬の出来事です。

IMG_7764.jpg

 具。具は、添付のメンマ、チャーシュー、ネギ、ほうれん草、海苔。あ、なると忘れた。チルド麺に具が付いてるのはなかなか珍しいと思いますが、なぜメンマなんでしょうか。なんかこだわりがあるのかなぁ。チャーシューはちょっと嫌な匂いになってきたのでレンジでチンして殺菌してみた。これでもう少しもつに違いない。はず。

IMG_7769.jpg

 味。おおおお、この麺は凄い。凄いちぢれ方。麺をグアッと掴んで口に放り込むと、これが全体としてフワフワした感じで、面白い。なんかカップ麺みたいで美味い。縮れの空間にスープが絡むので、サラッとした薄味スープなのにスープの味をよく感じられます。なるほどなー。メンマは短くてちょっといまいち。味も普通。メンマはいらないから50円くらい安くしてくんないかなぁ。

 評価。☆4.7。メンマが付いて無くて350円で買ってたら☆5だったに違いないこの味は、今のところ家ラーメンの最高峰級であるとの判定が出た模様。細麺が好きならおすすめ。
posted by マツモトケイジ at 21:09| Comment(1) | 家ラーメン

2008年03月11日

八郎めん「山形だるまやからしみそ」

IMG_7742.jpg

 今回は山形のだるまやというラーメン屋監修のチルドラーメン。「山形だるまやからしみそ」です。2食で365円だったので、1食183円。再現ラーメンとしては手頃な価格帯でしょう。

 作。麺が太めなのでゆで時間は2分から2分半。ちゃんとほぐして茹でないと固まっちゃうので注意。スープのお湯は300ml。今回はみそを小袋から出すと意外に黄色いので驚きました。

IMG_7745.jpg

 具。そろそろチャーシューがヤバイ感じなので2枚投入。今回分のチャーシューを使い切るまでとりあえず2枚ずつ使おうかしら。なるとは冷凍→麺茹での時に解凍という素敵な流れを覚えたので安心。煮玉子も作ってみたが、良い具合に半熟で出来て嬉しい。後はほうれん草、ネギ、海苔。メンマは買い忘れた。

 味。麺は平べったい太めんで、ツルツルと口に入ってくる。ツルツル感がなんとも美味い。弾力の勝利だろう。スープは割りとストレートのしょっぱい味噌味。わずかに辛子の後味がある。複雑なうま味は薄い感じ。判りやすい味と言ったら良いだろうか。からしみそって書いてる割りに辛さはほとんど無いので、からいのが好きな人はラー油を垂らしたら良いだろう。

IMG_7745.jpg

 評価。☆3.5。麺が美味い。弾力があり、ツルツルとしていて美味かった。スープがサッパリしすぎて個人的には好みじゃなかったが、女性などサッパリ指向の人は美味しいと感じるだろう。

 ところで、パッケージに「この商品は店主監修もとに秋田県で製造いたしております。」って書かれてるのが苦労をしのばせて可愛いと思いました。言われるんだろうなー。「なんで秋田で作ってるのに山形のラーメンを名乗ってるんだ?」って。
posted by マツモトケイジ at 06:53| Comment(0) | 家ラーメン

2008年03月10日

カネジン食品「池袋大勝軒 なま中華そば」

IMG_7731.jpg

 今回は、上野駅の中にあるスーパーで買った「池袋大勝軒 なま中華そば」です。1食だけ箱に入っている珍しいタイプ。

 大勝軒って言ったら池袋に元祖があるラーメン屋さんで、僕は1回だけ池袋東口店(元祖ののれん分け)でつけ麺を食べたことがあります。味としては取り立てて珍しいわけでもずば抜けて美味しいわけでもないんですが、普通に美味しいと言えるラーメンをいつもちゃんと作れる店が少なかった時代としては貴重だったのでしょう。個人的には懐古主義的な珍重のされ方をしているのが大勝軒だと思ったりします。


 作。太めの中華麺はゆで時間3分。3分あると余裕を持って具やスープの準備が出来ます。スープのお湯は300mlとやや多め。濃厚なスープのラーメンは300mlのお湯を要求する傾向があるようです。

IMG_7734.jpg

 具は、そろそろ流石にやばくなったメンマを全投入。チャーシューもそろそろ使い切らないとマズイ感じです。厚く切ったのをドンと乗せてみました。なるとは切って冷凍したので当分大丈夫でしょうが、麺ゆでの時に解凍するのを忘れたので凍ってます。海苔は3枚。以前大勝軒のカップ麺を食べた時に確か海苔が3枚入ってたと思って3枚にしたんだけど、今確認したら2枚だった。しょぼーん。

 味。縮れ感のない太めんはつるつると美味い。スープは濃厚で麺に絡み、遠くに煮干しの香りがする。美味い。が、今まで食べた家ラーメンの中で飛び抜けて美味いかというとそんな事はなくて、レベルとしては中の上くらいだろうか。大体本物の大勝軒のラーメンを踏襲していると思う。

IMG_7736.jpg

 評価。☆2。これで値段が150円くらいなら☆3か3.5なのだが、いかんせん1食300円なのだ。これは家ラーメンとしてはかなりの高価格帯なわけで、評価は厳しくせざるを得なかった。
posted by マツモトケイジ at 13:00| Comment(0) | 家ラーメン

2008年03月08日

サンリョウ「熊本ラーメンもっこす亭とんこつ味」

.

 冷蔵庫に沢山のチルドラーメンが貯まっているので消費期限の順に食べている。今回は「熊本ラーメンもっこす亭とんこつ味」です。2食入りで365円なので1食180円くらい。ちょっと高級なタイプのラーメンですが、ご当地物の相場は大体2食入り400円辺りなので標準からするとむしろ安いのかも。

 作。麺のゆで時間は2分から2分半。スープは液体とマー油小袋の2袋構成。270mlの熱湯で作ったら丁度麺がゆであがってて完成。

IMG_7711.jpg

 具。豚骨ラーメンなのでキクラゲ、ネギ、チャーシュー、紅ショウガ、のり。添付のスライスガーリックも乗せてみた。スライスガーリックは2食分が1袋になっているが、これは2袋に分けて欲しいなー、なんて思った。

IMG_7716.jpg

 味。なんと美味い豚骨ラーメンだろう。麺もスープも良い味で、これが180円っすか?みたいな美味しさ。麺をすすって噛むと、ガリッとスライスガーリックが砕け散ってにんにく臭が口に広がってこれがまた美味い。臭くなるけど、美味い。マー油の香ばしさとにんにくの匂いがとても良い。朝からこんなににんにく食っちゃっていいんかいな、なんて思いつつもくさうまい。

 評価。☆4.3。これは定期的に食べたいラーメンだ。問題があるとすれば、一袋にまとまってるスライスガーリック。思わず2食分を1回で使ってしまったので、食べ終わってこれを書いている今、やや胸焼けでモワモワする。
posted by マツモトケイジ at 09:47| Comment(0) | 家ラーメン

2008年03月07日

熊五郎本舗「中華生めん細切り」で替え玉

IMG_7687.jpg

 家ラーメンは替え玉だって自由だ。しかも、スープが冷めたらレンジで温められるし具だってまた乗せられる。店だとこうはいかないだろう。おまけに麺だって好きなのを自由に選べる。フリーダムでしかも激安。家ラーメンの神髄は替え玉にありなのだ。

IMG_7687.jpg

 麺は熊五郎本舗の「中華生めん細切り」。ゆで時間は1分半。茹でてる間にスープはレンジでチン。ちゃちゃっと湯切りをしたらどんぶりに入れて具を乗せたら2杯目完成。スープは前回の「飛騨高山中華そば」なのでこれがマズイわけないじゃん。

IMG_7691.jpg

 1杯のスープで二度美味しい替え玉って素晴らしいよねー、なんて思いながらズルスル食べたらお腹パンパンなのだった。余ったスープは飲まずに取って置いて3杯目もいけるだろうか。<可哀想
posted by マツモトケイジ at 09:33| Comment(2) | 家ラーメン

2008年03月05日

蔵や「飛騨高山中華そば」

IMG_7676.jpg

 今回は奈良在住の友人にもらったチルドラーメンシリーズその1。その2、その3と続くのでお楽しみに。その1は、蔵や「飛騨高山中華そば」。飛騨高山にある「蔵や」というラーメン屋さん自身が販売しているラーメンみたいですね。では早速作りましょうか。


 作。極細ちぢれ麺のゆで時間は1分。スープは300mlのお湯で作る。麺のゆで時間が短いと作るのが慌ただしくなる訳で、わたわたと作業をして完成。湯切りの感触からして普通の中華麺とは違う感じですな。

IMG_7682.jpg

 具。具はオーソドックスに、チャーシュー、メンマ、ネギ、かいわれ大根、のり。なるとは相変わらず切らしている。チャーシューは斜めに切ったので大きめ。大きいチャーシューって幸せの象徴よね。パッケージの写真は、チャーシュー、メンマ、ネギ、のりが乗ってるので割りと近いんじゃないかと思う。

IMG_7684.jpg

 味。ざくざくした面白い食感の麺は冷や麦とか豚骨ラーメンとかそういう感じを受ける。スープは非常にアッサリしていて、それでいて魚ダシの香りと肉ダシのうま味を感じる凄い味。美味い。中華と和食の中間にあるような美味しさで、思わず2食目を続けて食べたくなってしまった。

評価。☆4。推定価格300円で1食150円なら十分美味しく、これは良い物だ。と、書いてるそばから2杯目を食べたい気持ちが・・・。
posted by マツモトケイジ at 00:28| Comment(0) | 家ラーメン

2008年03月04日

日清「なんつっ亭 黒マー油とんこつ」

IMG_7660.jpg

 今回は、30日間カップ麺生活でも食べたことのある「なんつっ亭」のチルド麺、「なんつっ亭 黒マー油とんこつ」です。駅前のワイズマートで178円でした。

 作。麺のゆで時間は2分半。スープは270mlのお湯で作る。手順的には、「うまいぜベイビー」とか、言動にやや不思議感があるなんつっ亭のラーメンとは思えない普通さ。スープを作って麺を投入したら黒マー油を掛ける。黒マー油をちょっと舐めてみたら異常に苦かったので、これはきっと何かを焦がした油なんだろう。

 具。具は、きくらげ、チャーシュー、ネギ、かいわれ大根。チャーシューは昨日また新しく作った物。今回は脂身少なめ、味薄目で作った。彩り的には紅ショウガかなるとが欲しい感じだ。

IMG_7665.jpg

 味。美味い。まず、スープが美味い。少しトロッとした白濁スープはコクがあって相当な美味しさ。麺をすするとスープがたっぷり絡まり、口に入れる瞬間黒マー油が香る。うめっ。麺はちぢれが少ない中華麺。豚骨ラーメンの麺と中華麺の中間くらいの感じかな。これがトンコツスープと合っている。ただ、スープの力が強いので最後の方は飽きてしまう。パッケージの写真に無かったので乗せなかったが、紅ショウガを乗せると味休みが出来て良いと思う。

IMG_7669.jpg

 評価。☆4。OKストアで128円で買っていたら☆4.5は軽かったはず。179円だと☆4止まりだ。これは是非128円で買って、値段不相応の幸せを享受したい。

↓ランキングに参加しました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
posted by マツモトケイジ at 00:18| Comment(0) | 家ラーメン

2008年03月03日

シマダヤ「熟成ちぢれ中太めん本生ラーメン 醤油」

IMG_7647.jpg

 3食のラーメンは食べるのが大変なので避けてきたんですが、だんだん近所のスーパーのラーメンを食べ尽くしてきたので、今後は3食のものも紹介していきたいと思います。という訳で、今回はシマダヤの「醤油ラーメン」。3食200円なので1食66円の計算です。激安です。

 作。ゆで時間は2分。大体麺のゆで時間ってのは、豚骨ラーメンのストレート細麺が1分、普通の中華麺が2分、中華太麺が3分って感じみたいです。スープは300mlのお湯で作るんですが、あんまりスープが多いと具が沈んじゃって写真が上手く撮れません。おたま1杯分くらい捨ててみたら良い具合に撮れるんでしょうかね。

IMG_7654.jpg

 具。まず、チャーシューがちょっと傷んできた感じなので全部投入。小さいけど実は厚いチャーシュー5枚入りのチャーシュー麺になりました。豪華。なるとを切らしたのでなるとは無し。赤が無くなると彩り的に寂しいですね。チャーシューの周りを食紅で染めたくなります。

 味。麺が普通、スープも普通。しかしこれが66円のラーメンと思ったら、十分に美味くて安いと感じないだろうか。チャーシュー分がやや高く付くが、表面が粘つく傷み方をしてていわばゴミなので大体無価値だろう。味問わずラーメンを食べたいのなら、この商品を選ぶのは間違いなく吉だ。麺だけの値段として考えても66円は安い。ばら売りのスープを買ってもう一段美味しいラーメンを食べることも出来る。

IMG_7657.jpg

 評価。☆4。とにかく安い点を評価した。ばら売りの中華麺でも80円はするってのに1食66円は驚異的値段。きっともっと安いスーパーで買えば1食50円だって夢じゃないはず。33円も?!アリか?!これは良いラーメンだ。
posted by マツモトケイジ at 00:20| Comment(0) | 家ラーメン

2008年03月01日

マルちゃん 「北の味わい 味噌とんこつ」+バター

今回は前回の「北の味わい 味噌とんこつ」にバターを乗せようっていう趣向です。

 作は飛ばして具。バターを四角く切ってラーメンの中央に置いたならば、なんともこれで味噌バターラーメンの出来上がり。

IMG_7637.jpg

 味。ラーメンにバターってのは神が見つけた奇跡のレシピなのでこれが不味いわけがない。お店で食べるなら+50円、いや、+100円?のバタートッピングが、家なら無料。厳密に言うと5円くらい。家ラーメンバンザイだ。

 評価。☆4。バターで☆が0.5増えた計算。トッピングが好きなだけ出来てしかもお金が掛からない辺りが家ラーメンの醍醐味なので、みんなも家でラーメンを食べる時は家中全部乗せをしてみたら良いと思う。
posted by マツモトケイジ at 22:23| Comment(2) | 家ラーメン

マルちゃん 「北の味わい 味噌とんこつ」

IMG_7624.jpg

 今回はマルちゃん「北の味わい 味噌とんこつ」です。2食入りでなんと驚きの158円。スーパーの特売で買ったのだ。先日紹介した「北の味わい 塩とんこつ」も158円で売っていたのでなんだか損した気分。1食79円とはカップ麺以下の値段であり、そんな値段で十分普通に美味しいラーメンが食べられるとしたら、やはり家ラーメンは素晴らしいと言えよう。

 作。作り方は超普通。麺を2分茹でて湯切ったら270mlのお湯でスープを作る。具を乗せたら完成。

IMG_7630.jpg

 具。味噌ラーメンなのでコーンを乗せてみた。他は大体いつもと同じ。昨日まで使ってたネギが無くなったので、今日からまた関東の白ネギを小口切りにした。大量に刻んでタッパに入れたのだけど、匂いが漏れて冷蔵庫が大変にネギ臭い。

 味。わかってはいたが、大変に普通。まさに社食とか駅の立ち食いとか、そういうところで食べる普通のラーメン調の味。ここまで普通ってのが逆に凄い。トッピングでバターなど乗せたら美味しくなるに違いないが、最初はノーマルに食べてみた。次回はバターを乗せることにしよう。なにせ家ラーメンならバターなんて載せ放題だ。

IMG_7634.jpg

 評価。☆3.5。普通に美味しかったのと、1食79円という低価格を評価した。具を入れても推定100円程度でこの味だったらかなり良いと思う。100円でこのラーメンが出てくる店があったらオレは通うね。
posted by マツモトケイジ at 08:58| Comment(2) | 家ラーメン

2008年02月27日

日清 「九段斑鳩 魚介系醤油味」

IMG_7619.jpg

 今回は、日清の「九段斑鳩 魚介系醤油味」。九段下にある「斑鳩」という有名店のラーメンを再現した商品なんだとか。斑鳩には行ったこと無いけど、大体880円とかそんくらいのラーメンらしい。高い。それがスーパーで1食178円。OKストアで買うと128円。やっぱり家ラーメンは良いなぁ、なんて思いながらでは作っていきましょう。

 作。ゆで時間は2分半。お湯は270ml。スープは粉末と液体の2種類。大体普通な感じ。スープはドンブリにお湯を張って温めておいて下さい系。冷たいドンブリにスープ注ぐと一気に冷めちゃうからね。

 具。ここんとこ炙りチャーシューに凝ってたんだけど、今回はやや油の少ない場所なので炙らずノーマルで。後は味付け玉子、ネギ、メンマ、なると、海苔とノーマルな感じ。

 そういえば、そろそろラーメンドンブリが欲しい。100均に行ったら売ってたんだけど中国製で流石に、鉛とか入ってそうでいやだなーって買わなかった。良いの見つけたら是非買おう。5種類くらい。

IMG_7623.jpg

 味。美味い。コレは美味い。麺をすするとスープの香りが強く感じられて美味い。魚介系ダシの香りに慣れた頃にスープを飲むとまた濃厚な色んなダシエキスの香りが鼻に残る。少しだけとろっとしたスープが麺によく絡む辺りもよく考えられている。麺はごく普通の中華麺。きっとスープを食べるために特徴がない麺にしたんだろう。または、スープに金掛けすぎて麺に回せなかったって感じか。

 斑鳩の店ラーメンは食べたことないけど、きっと少なくとも工場の量産品を素人の僕が作ったラーメンよりは美味しいんだと思うので(かなり失礼)、650円以下なら食べてみたいなぁと思う。800円以上は、・・・ないな。

評価。☆4。178円でこれだけ美味しい目に合えるなら十分。128円で買ってたら☆5だったかもしんない。次は同シリーズのなんつっ亭のを買ってこよう。
posted by マツモトケイジ at 09:51| Comment(3) | 家ラーメン

2008年02月26日

マルちゃん「東京武蔵野 珍々亭 油そば」その2

 今回は前回の油そばを一工夫して作ってみました。具と薬味?を変更した感じです。

IMG_7422.jpg

 具。まず、チャーシューを炙ってみた。油そばの脂質が多い上にチャーシューの脂も多いとくどくなりすぎるので、網で炙って脂を落とした。あと、半熟卵を載せてみた。麺つゆで少しだけ味を付けてある。酢とラー油も標準添付の物を捨て、自家製ラー油と純米酢に変えた。そして小湊産の青のり。

IMG_7428.jpg

 味。エライ美味い。炙りチャーシューも香ばしくて美味いし、なんつっても酢が美味い。更に言うならラー油も美味い。全体的なレベルが昨日よりも1段上がった感じ。これは店で出てきても文句ない感じだ。こってりした油そばに、青のりの爽やかな香りがまた合う。良い味休みになっている。一気にズルズルと食べてしまった。

IMG_7435.jpg

評価。☆4.8。美味い。満点の☆5を付けてもいいが、家ラーメンブログなのにラーメンじゃないので0.2だけ引いた。この味でラーメンだったら満点だな。次のラーメンも炙りチャーシューを乗せようと思う。
posted by マツモトケイジ at 09:26| Comment(2) | 家ラーメン

2008年02月25日

マルちゃん「東京武蔵野 珍々亭 油そば」

はいしーさんのラーメン記事が悲惨すぎてワロタw。マズイラーメン屋は気味悪いですよね。不衛生な店多いし。自腹では食べたくないし、かと言って奢りでも辛いなぁ。

さて。

IMG_7415.jpg

 今回の家ラーメンは、マルちゃんの「東京武蔵野 珍々亭 油そば」です。1パック368円で2食なので1食184円というやや高級な家ラーメンとなりました。

 作。麺のゆで時間は4分。茹でてる間、ドンブリにお湯を張って器とスープを温めます。麺がゆであがったらお湯を切って、洗ったりせずに器へイン。そこに具を載せてタレを掛けたら完成。食べる前に酢とラー油を掛けます。

 具。具はいつも通りのラーメンスタイル。チャーシュー、メンマ、なると、ネギ。パッケージ写真の通りになりました。

IMG_7417.jpg

 味。油そば、うめぇ。学生の頃友達と競馬場に行った帰りに食べたのが初めての油そば。おお、うめぇ、なんだこりゃと思ったそんな記憶が蘇ってきた。麺がムチムチして、脂とタレが絡んできて、どんどん食べてしまう美味しさ。

 で、食べてる途中に気が付いたんだけど、これは温かい冷やし中華だなと。酢入れるし、ラー油掛けるし、汁少ないし。と言うことは、冷やし中華を温かくして食べたらそれは相当美味いって事になりませんかね。今度やってみようと思いました。

IMG_7419.jpg

評価。☆3.5。美味い。美味いんだけど、ちと高い。せめて1食150円に抑えてはくれまいか。酢とかラー油は自分で用意するからさ。
posted by マツモトケイジ at 12:25| Comment(2) | 家ラーメン

2008年02月22日

マルちゃん 「北の味わい 塩とんこつ」

IMG_7403.jpg

 今回はマルちゃん「北の味わい 塩とんこつ」です。確か228円だったと思うので1食114円。安いなぁ。だら朝からラーメンを作っていきましょう(基本的に朝食べてます)。

 作。麺を出したら普通の中華麺で驚いた。中華麺だからとんこつラーメンに多い1分のゆで時間ではなく、2分。うーん、これ、美味いのかなぁ。スープは普通に270mlのお湯で。手慣れたもんであっという間に完成。

 具。チャーシュー、紅ショウガ、なると、しなちくといつも通り。キクラゲは大量に戻しすぎて使い切る前に傷んでしまった。きくらげも傷むんですね。チャーシューは週末に作った新チャーシュー。今回は脂身が多いのが特徴です。

IMG_7405.jpg

 味。社食でよく食べる200円のラーメンと同じ味がした。社食のラーメン、スープは変わるんだけど麺は同じなんですよ。いつも同じ中華麺。ちょうどその感覚が同じで、スープは豚骨なのに麺が中華の中太麺で変だなーという感覚。豚骨ラーメンはストレート細麺じゃないと美味くないでしょう。スープも豚骨っていうか単に白湯スープ的。とんこつラーメンとは全然違うなと思いました。そんなとこの社食のラーメンっぽい。

IMG_7412.jpg

評価。☆1.5。とんこつラーメンを期待していたのであんまりにもとんこつじゃなくてガッカリした。とんこつラーメンが嫌いな人でも食べられそうかなと思って、0.5プラスした。
posted by マツモトケイジ at 22:07| Comment(0) | 家ラーメン

2008年02月21日

シマダヤ 名人おすすめのラーメン濃厚味噌とんこつ

IMG_7233.jpg

 今回はシマダヤの「名人おすすめのラーメン濃厚味噌とんこつ」です。298円で売ってましたが、100円引きの見切り品になっていたので1食100円弱という破格の値段。パッケージの写真からして美味そうです。

 作。今回の麺は若干太めでゆで時間は3分。スープは秘伝のタレと濃厚スープの2袋構成。お湯は300mlを必要とします。濃厚スープは冷蔵状態だとかなり固形になっていて、油がかなり入っていることを思わせます。

IMG_7238.jpg

 具。固ゆで卵が無くなったのでまたゆで卵を作りました。が、ゆで加減がよく判らなくて失敗。ネットで調べて沸騰後火を止めて3分半蒸らすって方法の通りにやったのに・・・。それと、なるとを新たに買ってきました。今回は全部切ってしまわず、1/3程度に留めました。切って表面積が広がるから腐るんですよね。さて、出来たらいただきます。

IMG_7242.jpg

 味。スープの表面が全体的に油で覆われていて湯気が出てこないのが凄くて、だからもの凄い濃厚って言うか、油っぽい。しかし本能に忠実な僕の脳はこれを「美味い!」と感じてしまうんですね。麺はシマダヤらしく結構なお手前。1食100円とは思えない美味しさです。

 食べ終わるとかなりの満腹感でもたれ感。これが油の威力か・・・と膨れた腹をじっと見ました。カロリーは569kcal(具を除く)。油の量を考えると、意外に低いカロリーだなぁと思いました。サンクスで売ってるチョコチップメロンパンと同じくらい。

評価。☆3.5。美味いけど普通。良い意味で普通?油がもう少し少ない方が良いと思いますが、それって単に好みの問題だと思うので若い人はもっと美味しいと感じると思います。
posted by マツモトケイジ at 13:04| Comment(0) | 家ラーメン

2008年02月18日

マルちゃん 濃厚旭川しょうゆ

IMG_7186.jpg

 第5回はマルちゃんの「濃厚旭川しょうゆ」。2食で280円なので1食140円。大体普通の価格帯だ。では早速作りますか。

 作。麺のゆで時間は2分。黄色くかんすいの匂いが強い中華麺だ。スープは液体パッケージが一つ。270mlのお湯で作る普通タイプ。流石に手慣れて来た作業でチャッチャッと湯切って具を載せたら完成。

 具。具はいつも通り。だけど、なるとの表面がもう限界であり、食べたら妙な味がしたので捨てた。家ラーメンの場合、一人で食べてると具材の消費が進まないからどうしても傷んでしまいがち。切ってタッパに入れておくのは少し自重しようと思った。

IMG_7190.jpg

 味。スープはパッケージのうたい文句通り、魚介系の匂いがして濃厚な味。色も濃い茶色で味も濃い。美味いけど体に悪そうな印象。本場の旭川ラーメンを食べた事がないので、これが旭川ラーメンとして正しい姿なのかは判らない。

評価。☆2つ。スープの解りやすいうま味が、なんだかインスタントラーメンを彷彿とさせてしまう点が残念。もうちょい判りにくい味(というこの表現が判りにくいですが)の方が好きなんだけど、そういうのは売れないんでしょうね。
posted by マツモトケイジ at 12:53| Comment(5) | 家ラーメン

2008年02月15日

太麺とんこつ醤油ラーメン



 今回は麺とスープを別々に買って作ってみた。麺はかかあ麺家本舗の「旬彩 生中華 太打麺」3人前158円。スープは「こってりとんこつしょうゆ味」で98円。メーカーは失念。麺は半分使ったので、今回のベース原価は約180円。少々高めの一杯となった。

 作。麺のゆで時間は2分半。最初の30秒は鍋に麺を入れたら放置との指定があるのでその通りにした。スープは300mlのお湯で作る。どうも濃厚系のスープは300mlである場合が多いように感じる。ここら辺の手順はどのラーメンも大体同じだ。

IMG_7055.jpg

 具。すっかりお馴染み、いつもと代わり映えしないチャーシュー、シナチク、なると、ゆで卵、海苔。そろそろなるとの表面が嫌な感じになってきた。材料の作り置きも考え物だ。1日1杯分しか使わないんだもんなぁ。

 味。麺が確かに美味い。太くてムチムチ。小麦粉好きにはたまらん麺だ。渋谷に「すずらん」という、味噌味のつけ麺が有名な店がある。その店は太い麺が何種類も用意されていて確かに美味いのだが、どうにも店員が無愛想なのだ。常連には不気味なほど愛想が良いのだが、一見には非常に冷たかった。三回行ってもういいや、と思ったのでそれ以来行っていない。

IMG_7056.jpg

 そのすずらんの麺を思い出した。スーパーでこれだけ美味い麺が売っていると、あの無愛想を我慢してまですずらんに行く必要はないなぁ、なんて偉そうにも思ってしまうのだった。この麺は、美味い。

評価。☆4つ。
posted by マツモトケイジ at 00:54| Comment(6) | 家ラーメン

2008年02月13日

日清 ラーメン屋さんしょうゆ(東)

IMG_7017.jpg

 第3回は日清の「ラーメン屋さんしょうゆ」です。ワイズマートで250円。1食125円の計算になります。定価が260円なので定価で買っても130円。リーズナブルです。

 作。麺のゆで時間は2分半。標準的ですね。スープは液体のパックが一種類。勝手にラ王みたいな構成で液体と粉末の二種類スープ構成かと思っていましたがシンプルに一種類でした。お湯は270ml。極めて標準的です。

IMG_7021.jpg

 具。具は、普通にチャーシュー、なると、シナチク、海苔、ゆで卵。ゆで卵は芯まで茹だってしまいました。個人的には半熟が好きなので残念です。三個茹でたので今後五回分はこの固ゆで卵が載ります。

 味。極めて普通。特徴の無いのが特徴と言わんばかりのジム(モビルスーツ)みたいなラーメンです。麺は日清らしくモチモチ美味しく仕上がり、スープは少しシナチクっぽい匂いがする普通のラーメンスープ。あー、普通のラーメン食べたいな!と思った時に良いラーメンでしょう。

IMG_7024.jpg

評価。☆3。普通です。パッケージに379kcalと書かれてますが、カロリー気にする人はあんまりラーメン食べない気もするんですが、どうなんでしょうかね。
posted by マツモトケイジ at 00:37| Comment(0) | 家ラーメン

2008年02月09日

マルちゃん 九州ガラ炊き博多コクトンコツ

IMG_6987.jpg

 第2回はマルちゃんの「九州ガラ炊き博多コクトンコツ」です。ワイズマートで228円。1食114円の計算になります。大体生麺界では標準的な値段です。。

 作。麺のゆで時間は1分くらい。お好みで堅めにゆでたりすると良いと思う。スープは液体と粉末の二袋構成。カップ麺ではよく見るタイプです。粉末が尖った塩味とうま味を、液体スープがそれをまろやかにする効果を持っています。使うお湯は270ml。標準的と言えましょう。

IMG_7004.jpg

 具。具は、豚骨ラーメンでは一般的だと思われる、きくらげ、チャーシュー、紅ショウガ、ネギ。ネギは関東の白ネギを使った。西の方で食べられる青ネギって関東ではあまり売ってないのだ。ご容赦頂きたい。

 味。トンコツ感が非常に薄い。トンコツラーメンのスープってのはもっとブタ臭い方が好きなのだが、匂いはほとんどしない。少しとろみがついていて麺に絡みやすいが、いかんせんトンコツ感が薄いので、「豚骨ラーメン食った!」という感想にはならない。

 油は少なめでアッサリ風味。麺は普通にストレート細麺で特筆すべき事はない。材料原価150円くらいでこれが食べられれば確かに嬉しいのだが、しかしトンコツが、「コクトンコツ」を名乗るレベルに無いと思うのだがどうだろうか。

IMG_7007.jpg

評価。☆3。味よりも値段に対する評価。安くてそこそこトンコツという点を評価した。
posted by マツモトケイジ at 14:04| Comment(0) | 家ラーメン

シマダヤ「名人おすすめラーメン 濃厚醤油とんこつ」

IMG_6977.jpg

 第1回はシマダヤの「名人おすすめラーメン 濃厚醤油とんこつ」だ。スーパーで見切り品の所にあったので安いのかと思って買ってみたら300円した。騙された気分で作ってみた。

 作。麺のゆで時間は3分。生麺なのに長めになっているのは太麺だからだろう。普通、生麺タイプのラーメンは1分から1分半のゆで時間で済むのだ。スープは2袋に別れていて、300mlのお湯を必要とする。これもタイプとしては珍しい。普通はスープは1袋でお湯は270mlだ。

IMG_7015.jpg

 具。具は自家製チャーシュー、なると、シナチクを用意した。彩り的にアレなのでほうれん草なんかも載せた方がいいかもしれないなぁと思う。味付けたまごも作るべきだろうか。

 味。麺が美味い。流石シマダヤといったところだろうか。ムチムチして中華麺の匂いが鼻に抜ける。スープは正直くどい。高級系カップ麺(具多とかその辺)のスープに似ている。と、感じるは朝食べているからだろうか。お昼にご飯付きで食べたら美味しそうではある。油コッテリ、味も濃い。「濃厚醤油とんこつ」の名の通りである。

 しかし醤油とんこつってのはどうもトンコツ感が薄い。やはり普通に醤油なら醤油、トンコツならトンコツと別れている方が個人的には好きだ。味噌コンソメとか飲まないだろう、普通。

IMG_7016.jpg

評価。第1回目から評価が厳しいが、ウーン、☆2.5。スープがくどくてエキス感が凄すぎたのが敗因。店で食べる物じゃないんだから、ここまでパンチは効かせてくれなくていい。
posted by マツモトケイジ at 14:01| Comment(0) | 家ラーメン