2008年05月10日

日清「極太つけ麺の達人坦々ゴマだれ」

IMG_8670.jpg

 今回は以前食べた「極太つけ麺の達人 濃厚魚介醤油」の姉妹品、「極太つけ麺の達人坦々ゴマだれ」です。これもつけ麺の有名店3つがパッケージに書かれている。こういうの、名前を貸すといくらになるんでしょうか。

 作。麺のゆで時間は5分。太麺なので長め。つけダレのお湯は100ml。少なくない?って思いましたが、食べてみると丁度良かった。食べる前につけダレにすりゴマを入れるのがこの製品の特徴だ。

IMG_8673.jpg

 具。チャーシュー、メンマ、ネギ。そろそろチャーシューがまた傷んでくる頃なので頑張って消費せねばならない。いつも半分冷蔵、半分冷凍にしているのだが、次回からは1/3ずつに分けようかとも検討している。半分だと多いような気がする。

 味。麺は濃厚魚介醤油と同じかなぁ。微妙に違ったりするのかも知れないが、僕には同じにしか感じられない。つけダレはちょっとだけピリ辛。胡麻と生姜の風味が効いてて美味しい。ツルツル食べられる。それだけに、ちょっと量に不満があったりもするが、スープ割りを飲みながらこれを書いている間にだんだん膨れてきた。なるほど、後から来るのか。

IMG_8677.jpg

 評価。☆3。濃厚魚介醤油もそうだったけど、「普通に美味い」で終わってしまうのが残念。実売1食150円でこれが食べられるのは確かに良いのかも知れないけど、要は、家ラーメンではこの位の味と値段は普通なのだ。他の優れたラーメン達(とりわけ生一麺のつけ麺)と比べると、やはりこのくらいの点数になってしまうのは仕方ないかなという気がする。
posted by マツモトケイジ at 23:43| Comment(0) | つけ麺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: