2008年04月19日

日清「極太つけ麺の達人 濃厚魚介醤油」

IMG_8301.jpg

 今回の家つけ麺は、日清の「極太つけ麺の達人 濃厚魚介醤油」です。日清と言えばカップヌードルを生み出した、世界のインスタントラーメンの総本山。ラ王を初めとする生麺タイプのカップヌードルでも他社をリードする麺業界の雄です。さて、群雄割拠のチルドつけ麺ではどうか。

 作。麺は130gの極太麺で、ゆで時間は5分。太めんなので長めに設定されています。つけダレは53gあり、それを100mlのお湯で戻します。つけダレのパッケージが大きいので、パッケージを開けた時のインパクトがあります。さらに、このつけ麺が他と違うのは、スープ割り用のダシ粉が付いていること。ダシ粉を100mlのお湯で溶いておいて、食後のスープ割りに備えます。

IMG_8306.jpg

 具。具はチャーシュー、メンマ、ネギ、最近存在を忘れかけていた、冷凍してあったナルト。大体オーソドックスな感じにしました。

IMG_8308.jpg

 食。スープのうま味が凄い濃い。濃いって言うかむしろ凶暴なほどで、ちょっとダシエキスが多すぎるかなーと思いました。天然だしだとしても、強すぎるアミノ酸はどうにも舌をピリピリさせますな。麺は日清ならでは、シマダヤと同じ感じの優等生麺。ツルツルグイグイ食べられます。うん、普通に美味い。

 スープ割りは100mlではやや濃かったので、更にお湯を100mlほど追加で入れました。この辺は、食べ終わった時のつけダレの量とか好みによるので自分で調整すべきでしょう。

IMG_8311.jpg

 ダシで割ったスープ割りは、お湯で割った場合よりも当然うま味が濃くて美味しいです。これはいいですな。自分でダシ粉を用意しておいてつけダレに添加するのもいいでしょう。鰹節とか鯖節をフードプロセッサーに入れて粉砕すれば大体同じものになるわけですから。

 評価。☆2.5。普通。どうにも130gの麺では物足りないのは、ここんとこ生一麺のつけ麺ばかり食べていたからでしょうか。もうちょい量が欲しかったです。

 スープ割り用のダシ粉は面白いんですが、無くてもいいかなー、と思いました。だって、ダシなんて家にもあるし。全体的にちょっと物足りなさを感じました。残念。

これで2食328円なら、生一麺の通常版つけ麺278円の方が良いと思います。50円安いし美味いから。
posted by マツモトケイジ at 09:40| Comment(1) | つけ麺
この記事へのコメント
またまたど〜もです!
私、これ大好きになって何度も頂いてるんだけど、生一麺のはもっと美味なんですよね♪
期待が募ってしまいますぅ。
はやく食べたいなあー
Posted by めぐ at 2008年05月23日 09:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: