2008年03月10日

カネジン食品「池袋大勝軒 なま中華そば」

IMG_7731.jpg

 今回は、上野駅の中にあるスーパーで買った「池袋大勝軒 なま中華そば」です。1食だけ箱に入っている珍しいタイプ。

 大勝軒って言ったら池袋に元祖があるラーメン屋さんで、僕は1回だけ池袋東口店(元祖ののれん分け)でつけ麺を食べたことがあります。味としては取り立てて珍しいわけでもずば抜けて美味しいわけでもないんですが、普通に美味しいと言えるラーメンをいつもちゃんと作れる店が少なかった時代としては貴重だったのでしょう。個人的には懐古主義的な珍重のされ方をしているのが大勝軒だと思ったりします。


 作。太めの中華麺はゆで時間3分。3分あると余裕を持って具やスープの準備が出来ます。スープのお湯は300mlとやや多め。濃厚なスープのラーメンは300mlのお湯を要求する傾向があるようです。

IMG_7734.jpg

 具は、そろそろ流石にやばくなったメンマを全投入。チャーシューもそろそろ使い切らないとマズイ感じです。厚く切ったのをドンと乗せてみました。なるとは切って冷凍したので当分大丈夫でしょうが、麺ゆでの時に解凍するのを忘れたので凍ってます。海苔は3枚。以前大勝軒のカップ麺を食べた時に確か海苔が3枚入ってたと思って3枚にしたんだけど、今確認したら2枚だった。しょぼーん。

 味。縮れ感のない太めんはつるつると美味い。スープは濃厚で麺に絡み、遠くに煮干しの香りがする。美味い。が、今まで食べた家ラーメンの中で飛び抜けて美味いかというとそんな事はなくて、レベルとしては中の上くらいだろうか。大体本物の大勝軒のラーメンを踏襲していると思う。

IMG_7736.jpg

 評価。☆2。これで値段が150円くらいなら☆3か3.5なのだが、いかんせん1食300円なのだ。これは家ラーメンとしてはかなりの高価格帯なわけで、評価は厳しくせざるを得なかった。
posted by マツモトケイジ at 13:00| Comment(0) | 家ラーメン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: