2008年05月31日

時計台フード株式会社「サッポロ生ラーメン味の時計台 しお」

IMG_9721.jpg

 今回は、札幌出張の時に買ってきた時計台フード株式会社の「サッポロ生ラーメン味の時計台 しお」です。札幌駅のキオスクっていうか、デカイ土産物屋で売ってました。

 なんかねー、札幌のイトーヨーカドーとかも行ったんだけど、なんだか高いラーメンばっかり売ってるんですよね。2食入り200円くらいの安いのがあんまり無くて、2食500円とか4食1000円とか、そんなんばっかなんですよ。なんだかなーっていうか、「ラーメンが名物なんだから高くても買うでしょ?」って意図が透けて見えて嫌な感じです。

そんな訳でこれは2食入り365円。1食180円とやや高級な部類です。

 作。麺のゆで時間は2分から2分半。スープは400mlのお湯を鍋で沸かして、鍋の中で作れと書いてあった。これは他のラーメンと一線を画すスープの作り方。お湯が400mlなんて多いのも初めてなら、鍋で作れっていうのも初めて。これはドンブリで作ると冷めちゃうからって事でしょうか。北国ならではの違いだ。

IMG_9724.jpg

 具。今回はまた新しいチャーシュー。いつも買っているチャーシュー用の肉が売ってなかったので、バラのブロックを買ってきて作った。サイズが小さいので3枚。他にはメンマとナルト、ネギ。

 味。スープはニンニク風味のうま味スープ。見た目のさっぱり感と裏腹に、しっかりした味がする。麺は太くてコシがある。撮影を考慮して2分でお湯から上げたのだが、しっかり2分半茹でた方が美味しかったかも知れない。初めて作ったバラ肉のチャーシューは、油がトロトロで美味しかった。

IMG_9726.jpg

 評価。☆3.5。味は好みだった。ニンニク風味は好きだし、太めんも好きだし。だけど1食182円は家ラーメンの中ではちょっと高いかな。わずか数十円の違いだが、もうちょい安く買っていたら評価は上がっていたかもしれない。

・・・・でも、買ったのスーパーじゃなくて土産物屋だしなぁ。スーパーでならもっと安かったかもしれないないなぁ。


えーい!やっぱり☆4だ!ラーメンにはおろしニンニクっしょ!という人にはおすすめ。ただし、デート前には気をつけて。
posted by マツモトケイジ at 10:21| Comment(2) | 家ラーメン

2008年05月28日

シマダヤ「ゴマ冷やし中華」

IMG_9696.jpg

 ずっと普通味の冷やし中華が続いてきたので、ここらでゴマだれの冷やし中華を食べることにしましょう。というワケで、シマダヤの「ゴマ冷やし中華」を買ってきました。定価は280円。スーパーで268円でした。1食134円の計算です。

 作。麺のゆで時間は3分半。後は大体いつもと同じ。冷やし中華を作る時は、具を事前に用意しておくことが肝要だ。じゃないと、温かい錦糸卵を載せる羽目になっちゃうし、忙しいからね。

IMG_9701.jpg

 具。今回はちょっと盛り方を変えてみた。変わり映えしないものね。トマトをクシ切り、キュウリは斜めの輪切り。花みたいに丸く並べて真ん中に卵、ハム、紅ショウガ。うむ、可愛い。

IMG_9696.jpg

 味。ゴマだれ、美味い。酸っぱくネットリ、ゴマの風味と油感がいい具合だ。麺にも絡みまくって、これが良い。ただ、麺だけだとややしつこい感想になってしまうだろう。そこで良い働きをするのがキュウリとトマト、つまり野菜。野菜と麺とタレ。全てが調和して冷やし中華の味が完成する。

 評価。☆4。ここんとこ普通の冷やし中華ばかり食べてきて、飽きが来ていたので違う味で嬉しかった。シマダヤの製品は大概低価格で美味しいので安心して買うことが出来る。
posted by マツモトケイジ at 22:59| Comment(3) | 冷やし中華

2008年05月25日

名城食品株式会社「冷やし中華」

IMG_9362.jpg

 今回紹介するのは、滋賀のスーパー、平和堂で買った名城食品株式会社の「冷やし中華」です。定価は220円。確か買値が168円。1食84円くらいなので寿がきやの冷やし中華に迫る安さです。果たして、美味いか。

 作。寿がきやの製品もそうだったが、関西方面でしか売ってない製品は、なぜか裏側の説明書きが細かい。大体読み飛ばして、重要な麺のゆで時間だけ調べて調理開始。麺は2分30秒茹でろとの事なので、その通りに茹でて、お湯を切って麺を流水で揉み洗い。冷えたら具を盛りつけ。


 具。いつも通りのオーソドックスな3点盛り。錦糸卵、ハム、キュウリ。だれが考えたのか、冷やし中華っていったらこれよねー、って感じの具だ。

IMG_9370.jpg

 味。麺はことさらに細い。しかしながら噛むと弾力がある。ちょっと他とは違う感覚だ。スープはその細さに合うようにしたのか、非常にサッパリしている。油が少なく、甘さ、しょっぱさも控えめ。酢の酸味が一番目立つ。僕は涼しい5月の朝にコレを食べて評価しているのだが、本気に暑い8月の昼間に食べたら本当に美味しいんじゃないかと思った。

IMG_9371.jpg

 評価。☆4。これまでの冷やし中華の中で一番好きだ。安いのもグー。関西方面のスーパーでは大抵売っている定番商品らしいので、関西の人は日常的に、関東の人は旅行や出張の際に手に入れて食べたら良いだろう。


オマケ 「焼きソバ田 むし男」だそうです。かわい・・・くない
IMG_9363.jpg
posted by マツモトケイジ at 23:07| Comment(2) | 冷やし中華

2008年05月24日

シマダヤ「冷やしラーメン」

IMG_9202.jpg

 今回の冷やし麺は、シマダヤの「冷やしラーメン」です。冷やしラーメンって言うと山形が有名なんだっけ。実はあんまり食べたことがないジャンルのメニューだったりします。スーパーで399円でした。1食200円なので、ちょっと高級。

 作。麺のゆで時間は2分。細麺の割りにちょっとだけ長めです。冷やし麺の場合は、温麺よりも3割ほど長く茹でるのが普通なんですな。茹でたら冷水で冷やしてヌメリを取って、という手順は冷やし中華類と同じ。ドンブリにスープを作り、そこに盛りつけたら完成。

IMG_9701.jpg

 具。具は、チャーシュー、なると、白髪ネギ。添付の焦がしネギを掛けたら完成です。チャーシューは脂が少ない部分がいいかもしんない。冷えたラードっていまいち美味しくないしねぇ。

IMG_9213.jpg

 味。ちぢれた細麺は噛むと弾力があって大変によろしい。スープは鰹風味の化学調味料味。一応ちゃんと中華風で、うむ、冷たいラーメンですな!という感じ。スープには意外に油がたくさん浮いていて、食べてると口の周りがヌルヌルになってしまう。これがちょっと不快かも。

 評価。☆2。弾力のある細麺は美味しかったんだけど、スープがいまいちでした。科学の味が強すぎた。冷たいラーメンってのがそもそも無理があるのかなぁ。美味い!という程美味いわけでなし。1食200円でこのガッカリ感だと、評価は低くならざるを得ません。

また買うことはないかなーという感じです。
posted by マツモトケイジ at 11:32| Comment(0) | 家ラーメン

2008年05月23日

喜多方らーめん本舗「誰にも教えたくない冷やし中華 和風しょうゆ味」

IMG_9187.jpg

 今回も冷やし中華。喜多方らーめん本舗の「誰にも教えたくない冷やし中華 和風しょうゆ味」です。上野駅にあるザ・ガーデンで398円でした。名前が面白くて売り場で目立ってたので買いました。果たして本当に教えたくない味なのか?!


 作。麺のゆで時間は3分半。ちょっと長め。茹でたら水で冷やしてヌメリを取る。したら盛りつけて完成。冷やし中華はつけ麺と比べると作るのが楽で良いですな。

IMG_9195.jpg

 具。具は先日と同じ。だって、作り置きしてタッパに入れてあるんだもの。具が傷まないうちに色々食べねばならないので、当分毎日冷やし中華だ。まぁ、評価をする上では味を忘れないうちに食べていけるので都合がいいんだけど。

以上、ここまで前々回のコピペ。楽だ。

IMG_9197.jpg

 味。大根おろしのタレがサッパリしていて美味い。が、キュウリと一緒に大根おろし部分を食べると青臭さが際だってしまってやや美味しくない。具にキュウリを選んだのは失敗だったかも知れない。酸味が強い感があるので、酸っぱい物が食べたい盛の妊婦あたりはコレを食べると良いと思う。

 評価。☆2。どうも冷やし中華はラーメンほど味に差がないので評価するのが難しいですな。太めんとか極細麺とか、タレもとんこつとか、冒険した冷やし中華が食べてみたい。それか、ストックを食べ終わったら冷やし中華の評価はもうやめようかなー。

IMG_9200.jpg

ところで、冷やし中華もラーメンどんぶりで食べた方が楽だと思う。皿だと、かき混ぜるとこぼれがちなのよね。
posted by マツモトケイジ at 11:58| Comment(0) | 冷やし中華

2008年05月22日

阿藻珍味「あもちんの尾道ラーメン」

IMG_9178.jpg

 今回は奈良のスーパーで買ってきた阿藻珍味の「あもちんの尾道ラーメン」です。通常は2食で500円。割りと高級ですな。今は期間限定で3食500円。つまり1食165円くらい。1食250円だと「高いなぁ」って感じですが、165円ならまぁいいんじゃね?というところか。

 作。麺のゆで時間は1分10秒から20秒。わずか10秒しか誤差を許さない辺りにこだわりを感じます。スープは300mlのお湯で作りますが、原液をドンブリにあけたら背脂が沢山入ってました。いわゆる背脂ちゃっちゃ系だったのですな。

 具は普通にチャーシュー、メンマ、ナルトにネギ。チャーシューは小さいけど厚めで、実はボリュームがあったりします。

IMG_9182.jpg

 味。平たいストレート麺がなんだか沖縄そばみたい。スープはダシ感薄い醤油味。魚介系の味と香りはするんだけど、醤油味に負けてる気がする。

 なんか、マズイ。いや、マズイってのはよくないな。口に合わない。まぁ、マズイラーメン屋になぜかはまってしまう事もあるわけで、誰かにとっての「マズイ」が自分にとっての最高だったりする事もあるから。好きずきだろうなーと思う。

 ただ、ラーメンっていう事を忘れて食べればこれはこれでありかなぁという気もしてくるわけで、つまり、これはラーメンじゃない。「尾道そば」なんだろう。多分。

IMG_9186.jpg

 評価。☆1.5。ラーメンとして評価したので評価は低め。「食べ物」として評価したら大体2.5くらい。個人的にはあんまり好きじゃないなー、なんて思いました。あと2食、どうしよう。
posted by マツモトケイジ at 08:33| Comment(3) | 家ラーメン

2008年05月21日

喜多方らーめん本舗「誰にも教えたくない冷やし中華 ピリ辛ごまだれ」

IMG_9170.jpg

 今回も冷やし中華。喜多方らーめん本舗の「誰にも教えたくない冷やし中華 ピリ辛ごまだれ」です。上野駅にあるザ・ガーデンで398円でした。名前が面白くて売り場で目立ってたので買いました。果たして本当に教えたくない味なのか?!

 作。麺のゆで時間は3分半。ちょっと長め。茹でたら水で冷やしてヌメリを取る。したら盛りつけて完成。冷やし中華はつけ麺と比べると作るのが楽で良いですな。

IMG_9172.jpg

 具。具は先日と同じ。だって、作り置きしてタッパに入れてあるんだもの。具が傷まないうちに色々食べねばならないので、当分毎日冷やし中華だ。まぁ、評価をする上では味を忘れないうちに食べていけるので都合がいいんだけど。

IMG_9177.jpg

 味。タレは甘くて酸っぱくて、遠くにちょっと辛味がある。全体的に薄ぼんやりした味で、どうにも好みではない。麺は普通に冷やし中華の中華麺。喜多方らーめん本舗っていうから喜多方らーめんみたいな太めの平打ち麺なのかと思ったら普通で驚いた。

 評価。☆2。スープ同様ピリ辛な採点になってしまったが、原因は特に「誰にも教えたくない」理由が無いからで、もっというと「誰かに教えたい理由」も無いから。名前負けもいいところで、1食200円という値段を納得させる要因も無かった。これが1食150円で、名前も普通だったら3.5だったかもしれない。

値段の原因は「国産小麦粉使用」に違いないんだけど、国産を使えば高くて普通の味でも許されると思ったら、そりゃ違うんじゃねーの、なんて偉そうにも思ってしまったのだった。
posted by マツモトケイジ at 08:01| Comment(2) | 冷やし中華

2008年05月20日

寿がきや「生冷やしラーメン」

「冷やし中華はじめました」

 5月も半ば。たまの暑い日ったらまるで夏。夏と言えば冷たい麺であり、冷やし中華の季節です。ってなわけで、当家ラーメンブログでもこれから積極的に冷やし中華を食べていこうと思います。

IMG_9155.jpg

 第1回は、はいしーさんが送ってくれた、寿がきやの「生冷やしラーメン」。3食入りで238円。1食80円の計算にだ。安さと安定した美味しさで定評のある寿がきや製品。期待しながら調理開始。

 作。麺のゆで時間は3分。例によって、パッケージの裏側ではお湯の量まで指図してあった。親切。茹でたら水にさらしてゴシゴシとヌメリを取って水を切ったら出来上がり。冷やし中華は伸びる心配をしなくていいから慌ただしくなくていいですな。

IMG_9158.jpg

 具。具は錦糸玉子、ハム、キュウリ、紅ショウガ。5回分位をまとめて作ってタッパに入れておきました。腐らないうちに使い切れるように注意せねばなりません。はいしーさんからのメールに「マヨネーズを忘れずに」と書かれていたので、その通りにマヨネーズを掛けてみた。更に添付のふりかけを掛けたら完成。

 味。美味い。甘くてしょっぱくて酸っぱいタレが美味い。麺はツルツルしこしこ、コシがあって良い塩梅。マヨネーズは全体をまろやかにする効果。醤油系の味とマヨネーズは合いますな。あっという間に食べきってしまいました。

IMG_9162.jpg

 評価。☆4。1食80円でこの味が楽しめるなら文句はないですな。今季初の冷やし中華として今後の評価の基準としていきましょう。良いね、寿がきや。関東でも売ったらいいのに。


IMG_9157.jpg
スガちゃん、可愛い。
posted by マツモトケイジ at 00:06| Comment(4) | 冷やし中華

2008年05月16日

生一麺「絶品つけめん 深あじ醤油味」

IMG_8565.jpg

 生一麺のつけ麺はサミットでしか売ってないというもっぱらの説を覆して、東武ストアで売ってたのが今回ので、「絶品つけめん 深あじ醤油味」です。2食入り298円なので1食150円の計算です。サミットは西船橋に行かないと無いけど、東武ストアなら葛西にもあります!やった!

IMG_8744.jpg

 作。麺のゆで時間は4分半から5分。っていうか、「つけめん 和風まろやか醤油味」と同じです。値段的にも同じ様なもんだし、サミット以外で売るために味とパッケージをちょっと変えてるのかも知れません。

IMG_9149.jpg

 具。久しぶりにナルトを買ってきました。やっぱナルトが乗ると華やかですな。チャーシューは作って以来冷凍していたので傷んでいません。冷凍庫、エライ。あとはメンマとネギ。ネギは、買ってきたネギの根の部分を切ってプランターに植えたものです。成長してラーメン3回分くらいは一度の収穫で得られるようになりました。しばらくはネギ買わなくて済むなぁ。

 味。麺をつゆにつけてすすったら柚子の香り。おおっ!美味い!柚子と醤油と脂と魚介ダシが麺と一緒に口の中に流れ込んできて、それを噛んだらモチモチ美味い。こいつは良いですな。「和風まろやか醤油味」よりも美味しいと言えましょう。あっという間に食べ終わって、思わずもう1食作って食べようかと思ってしまいました。

IMG_9153.jpg

 評価。☆5。生一麺を贔屓しているみたいで嫌だけど、いや、実際美味いんだから仕方ない。家つけ麺のジャンル内では生一麺は無敵ですな。日清すら及ばない領域にあります。いわば孤高。って、褒めすぎて怪しくなっちゃいますかね。家の近くにサミットか東武ストアがあったら是非お試しを。これが150円で食べられるんだから、家ラーメンはたまらんですな。

↓ランキングに参加しました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
posted by マツモトケイジ at 10:44| Comment(4) | つけ麺

2008年05月15日

ふくや「とんこつラーメン ふくや特製辛子付き」

IMG_8746.jpg

 今回の家ラーメンは、三越でやってた福岡の物産展で買った、ふくやの「とんこつラーメン ふくや特製辛子付き」です。3食入り500円だったので、つまり1食165円くらい。ふくやと言えば辛子明太子で有名ですが、ラーメンも作ってるんですね。手広いな。

 作。麺のゆで時間は90秒から120秒。短いのでスープは麺を茹でる前に作っておくと良いでしょう。スープのお湯は300ml。やや多め。ちゃちゃっと出来たら急いで盛りつけ!

IMG_8752.jpg

 具。具は、ちょっとヤバイ感じだったので急遽冷凍したチャーシュー、ワカメ、メンマ、プランターで育ててるネギ。とんこつラーメンなんだからキクラゲを用意しとけって感じですか。

 味。ふくや特製辛子が思いの外辛くて汗だく。スープは豚骨臭が皆無な白湯スープ。とんこつラーメンって言われると違和感がある。麺はストレート細麺でザクザクしていて美味い。でもって、やっぱり辛い。辛いのが苦手な人は、辛子は入れない方が良いと思う。辛子が無い状態で食べるとなんだかちょっと物足りないので、完成形は辛子入りなんだろうけど。

IMG_8752.jpg

 チャーシューを噛んだら、ちょっと腐った感じがした。うーん、我ながら悪食。普通なら捨てるレベルだな。ワカメは実家から送られてきた肉厚な一品。これが美味い。食感的にはキクラゲで、思いがけずキクラゲ的な具を載せることに成功した。


 評価。☆3.5。美味かった。辛子が効いてて美味かった。しかし、3.5くらいかなぁ。ふくやなら明太子味のラーメンなんてあっても良いと思うのだけど、それってベタな素人考えでしょうかね。

 まぁ、500円で3食入ってて、コンパクトなのでお土産には良いと思います。3人家族に買っていくなら良いでしょう。子供二人の4人家族に買っていくと、お父さんが泣くか子供が喧嘩するかのどちらかになって不幸なので避けた方が良いと思います。
posted by マツモトケイジ at 10:41| Comment(0) | 家ラーメン

2008年05月10日

日清「極太つけ麺の達人坦々ゴマだれ」

IMG_8670.jpg

 今回は以前食べた「極太つけ麺の達人 濃厚魚介醤油」の姉妹品、「極太つけ麺の達人坦々ゴマだれ」です。これもつけ麺の有名店3つがパッケージに書かれている。こういうの、名前を貸すといくらになるんでしょうか。

 作。麺のゆで時間は5分。太麺なので長め。つけダレのお湯は100ml。少なくない?って思いましたが、食べてみると丁度良かった。食べる前につけダレにすりゴマを入れるのがこの製品の特徴だ。

IMG_8673.jpg

 具。チャーシュー、メンマ、ネギ。そろそろチャーシューがまた傷んでくる頃なので頑張って消費せねばならない。いつも半分冷蔵、半分冷凍にしているのだが、次回からは1/3ずつに分けようかとも検討している。半分だと多いような気がする。

 味。麺は濃厚魚介醤油と同じかなぁ。微妙に違ったりするのかも知れないが、僕には同じにしか感じられない。つけダレはちょっとだけピリ辛。胡麻と生姜の風味が効いてて美味しい。ツルツル食べられる。それだけに、ちょっと量に不満があったりもするが、スープ割りを飲みながらこれを書いている間にだんだん膨れてきた。なるほど、後から来るのか。

IMG_8677.jpg

 評価。☆3。濃厚魚介醤油もそうだったけど、「普通に美味い」で終わってしまうのが残念。実売1食150円でこれが食べられるのは確かに良いのかも知れないけど、要は、家ラーメンではこの位の味と値段は普通なのだ。他の優れたラーメン達(とりわけ生一麺のつけ麺)と比べると、やはりこのくらいの点数になってしまうのは仕方ないかなという気がする。
posted by マツモトケイジ at 23:43| Comment(0) | つけ麺

2008年05月09日

寿がきや「和風とんこつラーメン」

IMG_8554.jpg

 今回は、名古屋在住のはいしーさんから送られてきた名古屋人のソウルフード、寿がきやの「和風とんこつラーメン」です。同封されてきたレシートに書かれた値段はなんと198円。1食100円というお求め安さ。3食の生麺では1食100円を切る製品も散見されますが、2食入りで100円を切る物は珍しいでしょう。


 作。麺のゆで時間は2分。スープのお湯は300ml。パッケージの裏に、2リットルのお湯を沸かして、そのうち300mlをスープに、残りを麺茹でに使うように書かれていた。お湯の使い方まで指導しているのは初めて見た。

 僕はいつも小鍋で麺茹で用のお湯を沸かし、ヤカンでスープ用のお湯を沸かしている。しかし、そのお湯を一つの鍋で沸かしてしまえば道具もコンロも一つで済むわけだ。これは一人暮らしの男性に向けて書かれている説明なのかも知れない。細やかな気配りと考えるべきだろう。

IMG_8558.jpg

 具。具は連続して大体同じ。チャーシュー、メンマ、ネギ。と、卵だ。パッケージの写真では白身だけ固まった卵が載っていたので真似しようとしたのだが、失敗してややまずそうな感じになった。まぁ、見た目はともかく味は同じだろう。

 味。むむっ、これは!フードコートのラーメンそのものの味だ。麺とスープの見事なまでのチープ感が凄い。スープは和風とんこつという名とは裏腹に豚骨感ほぼゼロw。カップ麺の豚骨ラーメンを食べて、豚骨とは違うなぁって思ったりするのに近い感じだ。

IMG_8561.jpg

 チープで豚骨とは違って、だからってマズイかというとそうではなく、これはこれで美味いし、1食100円って思ったら「カップ麺を100円で買って食べるならこっちだな」という、生ラーメンではなかなか無い気持ちが湧いてくるのが凄いと思った。

 評価。☆4。本格派の生ラーメンと比べると味の絶対的な勝敗では負けてしまうが、チープ感を求める嗜好と価格での勝負なら多分負けません。僕も好きなラーメンだ。流石寿がきやと思いました。

↓ランキングに参加しました。1クリックお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
posted by マツモトケイジ at 08:32| Comment(2) | 家ラーメン

2008年05月08日

アイランド食品「味噌スープ 札幌の名店 桑名」

IMG_8547.jpg

 今回で3回目、最終回のアイランド食品「北海道ラーメン共演名店三品」です。2食食べ終わってますので、今回は「味噌スープ 札幌の名店 桑名」と言うことになります。はたして今回も高得点が出るのか出ないのか。

 作。麺のゆで時間は2分半から3分。スープは共通の300ml。以上。

 具。具は連日同じな、チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔。変化が欲しいところですが、家ラーメンという1日1食しか消費されないラーメン屋にとって具のバリエーションを増やすのは至難なのであった。

IMG_8550.jpg

 味。麺は味噌ラーメンにピッタリの中太縮れ麺。色が黄色いのはかん水多めにしてるからでしょうか。これがムチムチしていて美味いんだ。スープは正統派の美味い味噌ラーメンスープ。口に含むとうま味と甘味が舌を包み込んでくれる。正統派の美味いラーメンは、時として「普通に美味い」なんて言われちゃうけどこれは普通を越えて美味しいラーメンだと思いました。

IMG_8552.jpg

 評価。☆4.5。アイランド食品のラーメンはどれも美味しい。地方に行ってアイランド食品の箱ラーメンを見つけたらお土産に買ったらいいと思う。鉄板の美味しさですぜ。
posted by マツモトケイジ at 11:04| Comment(0) | 家ラーメン

2008年05月07日

アイランド食品「塩スープ 函館麺や 一文字」

IMG_8540.jpg

 昨日に続いてアイランド食品の「北海道ラーメン共演名店三品」の中から「塩スープ 函館麺や 一文字」を紹介します。塩ラーメンって実はあんまり食べないの。これはどうかしら、美味しいかしら、あたしの可愛いお口に合うかしら。なんて唐突にネカマで書いてみたりして。

気味悪いので戻しますね。

 作。麺のゆで時間は2分半から3分。スープは3食共通で300mlのお湯で作る。毎回思うんだけど、「作」の部分ってあんまり書くことが無い。といって辞めるわけにもいかないので続けますが。

IMG_8542.jpg

 具。具は、昨日作ったチャーシュー、ネギ、メンマ、海苔。チャーシューは肉の断面積が小さくて1枚だと寂しいので、2.5枚載せた。最近すっかりナルトのことを忘れている。んー、ナルトってラーメンに必要ですかね。彩り以外の意味で。

IMG_8544.jpg

 味。麺はストレート細麺。これがアッサリした塩スープに合っていて美味い。これが普通のちぢれ中華麺だったら、こうは上手く合わないだろう。相性という点でこの麺とスープの組み合わせは最高だ。スープは野菜のうま味と甘味を感じさせる、自然な美味しさでこれまた高評価だ。鍋料理を食べて後に残った汁のような美味しさがある。残ったスープで雑炊を作ったら美味しそうだ。

 評価。☆4.5。美味い。優しい味のスープ、それを損なわない麺。翼君と岬君並のゴールデンコンビと言える。これはいいラーメンだと思いました。
posted by マツモトケイジ at 12:53| Comment(2) | 家ラーメン

2008年05月06日

アイランド食品「北海道ラーメン共演名店三品」

IMG_8524.jpg

 今回の家ラーメンは、アイランド食品「北海道ラーメン共演名店三品」です。北海道のお土産として友人にもらったもの。ありがたい!いやぁ、これでいただき物は何食目かしら。僕も5月に仕事で北海道に行くので、珍しいラーメンを見つけてきたいと思います。

 アイランド食品といえば、以前紹介した天天有のラーメンもここの製品です。天天有のラーメンは非常に美味しかったので、いやがうえにも期待が高まります。

IMG_8525.jpg

 今回は3種類の中から「醤油スープ 旭川らぅめん 青葉」を選んでみました。パッケージに写っている店主の顔写真が、どうも三谷幸喜に似ているのですが、三谷さんは旭川でラーメンを作ってたんですね。という与太話はこの辺にして。

 作。これは3食全ての麺が違うので、それぞれゆで時間が設定されている。青葉の麺は90秒から2分半。細麺なので短めだ。スープはまたそれぞれパックのサイズが違うのだが、お湯の量は300mlで統一されている。と言うことを箱の裏側を読んで知って、その通りに作った。

IMG_8531.jpg

 具。箱の写真にならって、チャーシュー、メンマ、ネギ。寂しかったので海苔を2枚載せた。これで自家製チャーシューは打ち止め。明日からどうしようか。またチャーシュー作るか。次回の更新は少し先になるかも知れません。

 味。すごい濃い。スープは見た目通りの醤油味。しょっぱくて、わずかに甘いです。飲み干すのにためらいを感じる濃さ。麺をすすると、強く縮れた麺がスープを引き上げてくれて、大体丁度いい味になる。飲むためのスープって言うよりは、つけ麺のつけダレの様なスープと考えるといいのだと思う。

IMG_8534.jpg

 だからスープは積極的に残していくか、もしくはだし汁を追加してスープのスープ割りで飲んだらいいんじゃないかと思った。麺はザクザクした歯ごたえで、ちぢれ感が口の中で踊って美味しい。縮れたそうめんみたいな味を想像すると大体正しいと思う。

 評価。☆3.5。麺との相性はいいんだけど、自分には味が濃すぎました。食べ終わった後唇がピリピリしているのは、おそらくダメと思いつつもスープを全部飲んでしまったからでしょうね。
posted by マツモトケイジ at 08:04| Comment(0) | 家ラーメン